1月6日

0106 最近の愛用品、ショックドクターのインソール。
常々思うのは、自転車用のシューズ(に限らず、市販されているほとんどの靴)のインソールは、なんであんなにショボイのだ !? まぁ、必要に応じて好みのインソールを入れろ、ってことなのかもしれませんが、だったらその旨を書いて欲しいものだ。
一般的にインソールの最高峰といえば、足の形に合わせてひとつずつ作るカスタムのオーダーメード。スキーなどでも定番となっている、シダス・コンフォーマブルがその代表です。
でも、そこまでの性能は追求しないから、もう少し気軽に使える製品はないかな…という方に、自信を持ってお薦めできるのが、このショックドクター。今じゃオイラの全シューズに入れているのだ。
つま先部の突起が足先(指)の力を発揮させ、内側アーチが土踏まずを持ち上げて疲労を軽減、さらにヒール部分の大きなアールが抜群のフィット感を生み出 します。まるでシューズを新しくしたような感覚。自転車用としては、“ウルトラ2ロープロフィール(ULTRA2LP)”というモデルが最適です。
気に入ったので轍屋でも販売を開始。取り扱うのは上記モデルのみとなります。ちなみに価格は3,570円(本体価格3,400円)。サイズがありますのでご購入の際は気を付けてください。
なお余談ですが、自転車用シューズのソールは一般の靴に比べて小さめに作られているので、それを踏まえたサイズ選びが必要です。これはショックドクターに限られたことではなく、あらゆるインソールに当てはまります。
http://www.shockdoc.com/
写真上:シューズに付属しているソールと、ショックドクター・ウルトラ2ロープロフィール。出来の違いは一目瞭然。
写真下:シューズに付属しているオリジナルソールを合わせて、同じ(もしくは少し大きめ)にハサミで切って使います。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.11.26

    2020 TREK CROKETT
PAGE TOP