最軽量? TREK / TOP FUEL 9.9 SSL

さてサイスポ4月号にも書いたのですが、ここであらためて2011年シーズンに向けたバイクの紹介でも。

昨年シーズン使っていた2010年TOP-FUEL号と酷似しておりますが、2011年バージョンへとアップデートされております。過去のブログにもあるとおり、2010号がレース仕様(ペダル、ボトルケージ込み)で8.62kgだったので、9kg切りを目標に組み始めました。

なぜ目標重量が2010号より重いのか……それはフレームの仕様によるのです。

フレームは下側のヘッドサイズが大口径1.5インチのテーパードとなり、変速ワイヤだけでなくリアブレーキのオイルラインもフレームに内蔵されています。
加えて、フレームサイズを2010号の17.5インチから、2011号は18.5インチへと大きくしました。
さらに、どうせならとフロントフォークもφ15mmスルーアクスル仕様にして、トラベル量も100→120mmへと増大。

このように、2010→2011では重くなる要素が満載なのです。
ちょっと同等重量で組み上げるのは難しいかもな、というのが当初の想像でした。

で、先に重量を報告すると、なんと8.57kgを達成!!!

ペダルとボトルケージを外すと8.37kgでした。コレはまさしくJシリーズ・エリートを走る最軽量フルサスバイクと言って差し支えないんじゃないでしょうか。

とはいえ、自分で乗るバイクだからこそ可能な裏技的工作が多々されております。そのヘンは追々。