箱根・三島ツーリング

レースシーズン中は、ひとたびロードにまたがるとビュンビュン負荷を掛けて走り回ってしまうワケです。のんびりなペースになるのは、脚が完全終了になってから。スミマセン。。。
さてさて世の中はすっかり秋になりましたから、たまにはロードでツーリングでも。
神奈川県民? 武蔵の国民? 相模の国民? たる者、東海道で箱根八里を越えるというのは日常であるべき……かもしれません。なんちゃって。。。
ま、旧街道を行くというのは旅情豊かでとても良いモンです。
ということで、東海道で三島市まで行ったりしつつ、ウマイ鰻でも食べようかと、11月3日に走ってきました。

ロードツーリングの良いところは、途中合流・途中離脱がしやすいところでしょうか。
そんなワケで、朝6時に轍屋へ集合したのは10人ぐらい?
 →  →  →
夜明けとともに青葉台を出発して、いつものように環状四号→境川CRを経由して、 相模湾沿いのサイクリングロードへ。
左手に烏帽子岩を眺めながら、砂にタイヤを取られないように気をつけつつ、歩行者にも気を配りつつ、西へ西へ。
相模川からは国道134号で。ほとんど平地なので距離を稼げます。
 →  →
この日の国道134号は湘南国際マラソンのために交通規制が予定されています。
沢山のスタッフやら警察官やらが出動していて、通行止め秒読み中。急げ〜!!
で、小田原へ到着。青葉台から3時間ちょっと。
 →  →
箱根湯本からは旧東海道へ。
マラソンの次は大名行列。
7イレブンでのんびりしていたら、すっかり車両通行規制にかかってしまいまして、徒歩でクリア。
フレキシブルに動けるのも自転車の良さデスね。
 →  →  → 
さてさて箱根の難所、七曲がりやらナンやらの登坂区間へ。
早く上った人は、最後尾まで下って2本目お代わり! っていつの間にかいつもの”練”的なノリに?
そして頑張った自分へのご褒美は甘酒ナリ。
気分は古の旅人か。
 →  →
芦ノ湖でRIEちゃん合流!
ココに来たら海賊船、富士山をバックに写真を撮らねばなりませんな。
そして箱根峠を越えて三島へ向かいます。
復路自走組みとはこの辺りでお別れ。みんな気をつけて帰ってくだされ。
一方で輪行組みはそのまま東海道を下って三島方面へ。
 →  → 
三島では宿場まつり千人しゃぎりなるものを実施中。
迫力あるお囃子を聴きつつ、鰻を食べつつ、ビールを飲みつつ、祭りをブラブラと見学した後、駅へ行って輪行です。
三島→新横浜は、ヒカリだと一駅。コダマでも3駅。
乗車時間30分程度で着いちゃいます。
 → 
新横で再び自転車を組み立てて、いつものように鶴見川CRをタラタラっと走って無事に帰還。
すると、緑山MTBフェスティバルのコース整備に行っていたキクチさん、
さらに自走で帰ったエース大江&ハシグッチさんが店で待っていてくれました。
ちくしょう、負けたぜ(笑)。
コダマより自転車の方が速いってコトか〜。
緑山の方もコースができつつあるようですね。楽しみです!
ということで気候的にも自転車に適した時分。
みなさんも是非ツーリングを計画してみてください!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.06.26

    EMONDA SL5の重量
PAGE TOP