今年最後のレースは泥でした

2010年はレースに明け暮れたシーズンになったような気がします。
四国、東海、信州、北陸……日本全国アチコチへ行ったような。学生時代は自転車にまたがって津々浦々へ行きましたが、20年の時を経て仕事以外のコトでこうして日本を回るのもイイものです。

さて、去る12月26日に今年最後のレースに参加してきました。埼玉県吉見町の荒川河川敷で行われているシクロクロスGPミストラル第4戦です。

結論から言うと超マッドなコンディションで、思うような走りをさせてもらえず、カテ2で8位という結果でした。

今シーズンは、スペシャに乗るリョウくんとともにレースが始まって、リョウくんとともに 終わるなー、といったカンジのスタート前風景。MTBも同じカテゴリーなら、シクロクロスも一緒。そして来年エリートというのも同じだから、2011年もライバルになるのかな。

今回のカテ2は、AJOCCの中ではこの日最初のレース。スタート直後の第1コーナーで先頭が落車! 見事それに引っかかって大幅に遅れてしまう……。スタートが命なのに〜。

最初は凍っていた路面ですが、どんどん緩んでドロドロに。そして序盤はまだあまり路面が踏みしめられていないのでコースは草だらけ。スポークがその草を絡め上げて、さらにタイヤがドロを巻き上げるワケですな。

1周目。まだ元気。ドロが付着しているとはいえ、バイクも調子良く動いています。

中盤。まずはフロントギヤのインナーが死亡。歯飛びが激しい。その後リアのトップ側が同様に入れられなくなる。原因は、草とドロが漆喰状になって絡みついてしまったため。
アウター×ローしか使えなくなり、それでもチェーンが外れまくる。うががー。

終盤に差しかかるところの集団。同時スタートのカテゴリーL1(女子)梨絵ちゃんを先頭に、エキップミストラル根本さん、オイラ、チームARIのアリさん。
ちなみに根本さん、 20年ほど前にGTを輸入していた某社で働かれていました。まだライトウエイプロダクツジャパンが設立される前です。久しぶりに会ったと思ったら、こうして同じレースを走るなんて。

そして梨絵ちゃんを後ろから観察していると、リアメカにおびただしい草が絡みついている。ヤバイよ〜と思っていたら案の定リアメカが後輪に入り込んでリタイア。他人のふり見て我がふり……ではありませんが、草地を避けてとにかく丁寧に丁寧に。

で、走行後。なんですか、コレは。ちなみにクランク周りも同様の有様。そりゃ変速もしなくなるというものです。
ドロ&草対策として有効なのは、ディープリム+細いタイヤ。来シーズンはシクロクロス車組んでちゃんと参戦するかな〜。

最終レースはカテ3。第2戦でオイラが参戦して優勝させて頂いたカテゴリーですな。今回は大江くんが優勝。追いすがるバイシクルクラブの副編集長、ヤマちゃんこと山口さんの追撃を振り切って優勝。なかなか見応えのあるトップ争いでした。

前回は気持ちよく走れましたが、今回はドロの洗礼を受けました。それもまた経験。
そしてもうしばらくの間は真剣に走ってみたいと思います。
そんなワケで2011年シーズンもよろしくお願いします。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.09.26

    TREK E-BIKE
PAGE TOP