BG-FIT中断・・・

今までフィッティングをしていて、中断したことはなかったのですが、とうとう出てしまいました・・・。
乗車ポジションチェックをして、アセスメント。そして、いよいよポジションを変えようと思ったところ・・・シートマストが既に下限でもう下がらない・・・。
お客様は、最近トレックの1.2からMadoneに乗り換えをされた方でした。同じフレームサイズだから大丈夫だろうと購入されたそうです。
確かに、トレックの1シリーズとMadoneとは基本的に同じディメンションです。だけど、Madone5、6シリーズはシートポストを外から被せるシートマスト方式を採用しており、インテグレートシートポストとしては調整幅は大きいものの下限に関しては、限界があります。
ちなみにサドル位置は、股下だけでは決定できなくて、その人の上腿下腿の長さによって決定されます。上腿が長ければその分サドルは後退させる必要があり、下腿が長ければ上に上がるわけです。このお客様もけっして脚が短いわけではなく、その比率がアジア人らしく上腿が長かっただけなんです。
購入時に気付いていれば・・・なんて思いますが、そんなことを今更言っても仕方がありません。
対応策としては、当初ヤグラをひっくり返して使えないかとも思ったのですが構造上ちょっと厳しそうですね。
25ミリぐらいは下げたいので最悪、「DoNotCut」と書いてあるフレームのマストを切って、さらにマストキャップをカットする必要がありそうです。とりあえずは、

  1. サドルを薄いものに替える
  2. ペダル(スピードプレイ)をスタックハイトの高いLOOKに替える
  3. S-Worksシューズをソールの厚いシューズに替える

ぐらいでしょうか。2と3はちょっと本末転倒な感もあるのでサドルだけでなんとかなれば一番いいのですが。
お客様には、とりあえずご購入されたお店にご相談していただくようにお願いして中断。なんだか、不完全燃焼なBG-FITになってしまいました・・・。
※3/12追記
上腿と下腿と表記するところを上肢と下肢になっていました。メールの返信と同時並行で文章を書いていてゴッチャになったようです。お恥ずかしい・・・。
わざわざこの人がメールで教えてくださいました。ありがとうございます。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.06.26

    EMONDA SL5の重量
PAGE TOP