埼玉里山ライド

自転車乗りって、ライバルのようであると同時に仲間でもあります。自転車屋同士にだって、意外と横で繋がっているものなのです。だから、レースで走っているときは負けてなるものか! って具合に闘志を燃やすこともありますが、普段は情報交換をしたり、一緒にライドしたり。
で、本日は埼玉県飯能市にあるサイクルハウスMIKAMIの三上和志さんお声かけにより、飯能界隈の里山を走ってきました。「ショップ店長向けにペースを下げます」って事でしたが……。結局一緒に走った他のメンバーは、フォルツァの武井きょうすけさん、埼玉県人の森太郎さん。みんなエリートライダーじゃん!
ということで、、、
ツーリングなのに、もうむっちゃキツイんですけど。
ツーリングなのに、レース並に追い込みっぱなしなんですけど。
ツーリングなのに、集中力が切れて下りで3回も吹っ飛んでいるんですけど。
ツーリングだから、他の3人は走りながら談笑なんですけど。
えーっと、つまりですね。みんなはオイラの脚の残り具合を見ながら、前でペースを作っているというか。生かさず殺さずというか。コレはもはや軽いリンチなのでは? って状態です。
里山を繋いで繋いで、上ったり下ったりを繰り返して、その距離およそ70km。走り終わったらヒザの上がプルプルしていて、階段を下りるのがタイヘン。むっちゃいいトレーニングとなりました。
そして、そういう運動強度で走った(走らされた?)からこそ気付くことも多々あります。単に楽しい、苦しい、練習だぜ、というだけでなく、とても有意義な1日。一緒に走っていただいた皆さん、本当にありがとうございました。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.06.26

    EMONDA SL5の重量
PAGE TOP