EMONDA SL5の重量

軽量エアロロードとしてフルモデルチェンジされたEMONDA SLとSLR

フレームの金型は同じ、カーボンがOCLV800かOCLV500かと言う素材の違いしかなく

SLの試乗車が入荷したので見て行きましょう。

コンポーネントが105仕様のEMONDA SL5はカタログスペック9.15kg
流石にディスクブレーキ重いなぁと言うのが正直な所でスペックだけ見ると躊躇します。

 

 


フレームは軽量なはずなのにこの重さはどこから来るものか?
その最たる原因であろうホイールを交換してみました。
交換した車輪はアイオロスプロは1500gのミドルグレードカーボンクリンチャーホイール₊GP5000 25c+bontragerラテックスチューブ、9100 11-30tカセット、MT900ローターのセットです。

 

 

実測7.87kg

約-1.28kgの大幅ダイエットに成功しました。

 

やはり重さの最たる原因は標準装備の鉄下駄ホイール、28cタイヤ、ローター、チューブでした。

更に軽量化を進めた場合。
機械式油圧duraace化 ⁻300g
シートマストをカーボン化、カーボンレールサドル化 ⁻200g
ハンドルバーをステム一体型カーボンバー化 ⁻150g
とザクッと見積もって特に色物軽量パーツを使わずとも、SLグレードで大体7.2kgと十分な軽量軽さに落ち着きます。

SLRだと350g程軽いのでレースに出れるミニマムの6.8kgになる計算。

SLグレードでもカスタムで十分軽く仕上がるので、ガシガシレースに使う学生さんにも良いバイクですね。

現在ホイールを履き替えた仕様で試乗可能な車両がありますので
気になる方はお試しください!
試乗の際は身分証明書のご提示とヘルメットの着用(レンタル有)お願い致します。

 


↑LINEでご予約、ご相談も承っております。
事前のご予約頂けるとスムーズにご案内可能です。

 

 

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.06.26

    EMONDA SL5の重量
PAGE TOP