【E-bikeで】TREK Verve+2 Lowstep テストライド~宮ケ瀬編~【おつかい】

近頃、ちっちゃな店・ワダチヤでもお問い合わせの多い、E-BIKE!!

今まではママさんの乗り物というイメージが強かった電動自転車ですが、山サイや自転車旅など、色々な可能性を感じております!!

すっかりハマってしまっているスタッフ・ユキノシタが、ふらっと宮ケ瀬までサイクリングに行ってきました♪(‘ω’)ノ

今回の相棒はこちら!

TREK Verve+2 Lowstep(※写真だとサスペンションシートポストになってますが、実物はリジットです。)

まず、ザックリどんなバイクかというと、

・1回の充電で最大100km走れる

・快適性重視

・ローステップでまたがりやすい

・ヘルメットだけ買えば、あとは全て揃っている

だいぶまとめましたが…、グリップとかサドルとかライトとかスタンドとか…どれをとってもクオリティーが高いんです!!

今すぐ説明したいところですが、本題に入ります(;^ω^)

 

ちなみに今回スタート時の充電が、充電し忘れていて、メモリで4。(メモリは5まであります。)

恐らく内部的に3.5くらいかなと…。出だしから不安w

ちゃんとフル充電での結果が欲しいですよね…すみませんm(__)m

街を抜けて、相模川へ。

14時スタートだったので、早くも陽が傾いてます…。

この下り、景色が開けてて、すごく気持ちいいです。

逆から見たら地獄(笑)

写真だとわかりにくいのですが、実際、壁にしか見えません(´_ゝ`)

ワダチヤ夏のロード練の難所!?

馬渡坂に到着!!

ロード練のときは絶望感しかありませんが(笑)今日は強気です!!!

ハアハア…

ハアハア…

 

してませ~ん\(^o^)/

余裕の鼻呼吸です!

製茶工場が見えたらあと少し…(半原峠コースだとまだまだ序盤ですがw)

おかわり!!!で半原峠へイン!

ハアハア…

と思いきやすぐに通行止め(´_ゝ`)

残念ですが、Uターン。

そして…

充電少な目なのに、ずっとMAXのターボモードを使っていたら、早くもメモリが1に(´_ゝ`)

切れるまでターボモードで行く!!と思ってましたが、ここから、エコ走法を発動!

 

Verve+2のアシストは4段階あって、上から、TURBO、SPORT、TOUR、ECO、そしてOFF。

のぼりだけTOURモードにして、平地と下りではOFF。

この状況になって、これで十分。ということに気付きました…。

むしろTURBOだと、漕ぎ始めにギュン!と進むので(それが面白かったりもしますが)TOURくらいがナチュラルです。

ちなみに、モードは走行中でも変更可能。

OFFにしても、ライトは消えません。

そして今回の目的地、オギノパンに到着!!

ちょうど暗くなってきました…。

今回密かにリクセン&カウルの前かごを装着。

この前かごも凄いんです。ガッタン!って段差があっても卵が割れませんよ(笑)

定番のあんぱん&あげぱんをお土産に!

サイクリストあるある・腰ポケットに入れてあんぱんぺちゃんこ。になりません!ふわふわのままお持ち帰りです( ^)o(^ )

うっかりお土産を買い過ぎても中身飛び出しません\(^o^)/

バッテリーが危ういので、自分の充電を…(;^ω^)

そして帰路へ~

いつも良い香りがして気になってた洋菓子屋さん。

今日はそういう日だ!(?)と思い、寄り道♪ここでもお土産ゲット!

そして…

切れた…。

坂の途中で急に切れたので、一瞬パンク!?と思いました(;^ω^)

しないと思いますが、切れそうなときはTURBOだと切れた瞬間よろける可能性があるので、ECOくらいにしておきましょう。。

そしてここで良い発見が!!

アシストが切れても、ライトは点いてる!!!

しかもこのライト、付属パーツと侮ってはいけません!

オートバイくらい明るくて、照射範囲が広域!!真っ暗な尾根緑道で180℃照らしてました!

バッテリーを使い切る気でいたので、予備ライトを携帯していましたが、結局家まで使わずに済みました。

しかしこのライトもバッテリーから電源供給されているので、ロング走るときは予備ライトがあると安心かと思います。

 

ただいま~

!!ふわふわだ!

洋菓子屋さんで買ったお土産♪

ストラーバの結果。

下手したらセグメント荒らしになってしまうので、荒らしたときは非公開にしましょう(;^ω^)

 

以上、E-bikeでおつかい宮ケ瀬編でしたが、新発見ができて、ますます好きになりました!!

・のぼりだけONにするとバッテリー節約できるし、それで十分。

・アシストが切れてもライトは結構な時間消えない(いつまで消えないのか検証したい…)

・70km近く走ったけど、おしりが痛くない。(レーパン履いてません。)

・姿勢が立ってるから、首も痛くない。

・グリップが羽根つきでプニプニだから手も痛くない。

・重い車体でも支えるスタンドの安定感(TREKのクロスバイクにはこのスタンドがつけられます。)

・安心のブレーキの制動力。

本当に、至れり尽くせりでした…。

一日100km弱の移動で、宿で充電しての自転車旅がしたい!!いっぱい荷物持って!

目的地は寒いかも?なら厚手のジャケット持っていけばいいじゃん!E-bikeなんだから!

そんな新しい楽しみ方ができるE時代がきています!!!

 

いつかはわだちや店長を前かごに乗せてサイクリングがしたいものです。。

只今試乗車は常時あるので気になっている方はお気軽にお試し下さい!

関連記事

  1. D4W

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.11.26

    2020 TREK CROKETT
PAGE TOP