2017 SPECIALIZED 展示会 FUSE & STUMPJUMPER TEST RIDE

お次はお楽しみのマウンテンバイク
165765
前後BOOST、ドロッパーポスト、6fattiy、1×11の満載装備でなんと180,000-!(税抜き)
とお買い得感たっぷりのFUSE
166995
そしてほぼ6fattiyになったSTUMPJUMPER FSR
目玉はS-worksグレードに採用されるモーターサイクル界の
高級サスペンションメーカーOHLINZ社の前後サスペンションを装備
1468559768913
会場がふじてんと言う事もありこの2車種のテストライド
FUSEはとても振り回し易くバニーホップやダニエル等トライアル的な
遊びがとてもやり易く平地で遊んでるだけでも楽しいですね。
以前来たのは1年程前の木村師匠とでしょうか?
その時はEPIC、XCポジションで下りドロップは避けて
テーブルトップは舐めて、と安全運転でした。
SPECIALIZED2017_DSC09060
今回は魔法の如意棒付き
全てのコースのドロップオフ、上級コース中腹3連テーブルトップ、下の3連テーブルに挑戦。
今回は一応飛び切れ浮遊感を楽しめました。
6fattieは自分の速度域程度では全く滑る事無く安心して下れますね。
FUSEで一本下り終わる頃には踏ん張っていた足ピクピク腕パン
比較するとFUSEは暴れ馬でしょうか。
自分がFUSEで同じペースの人と下り、それからスタジャンに乗り換えるだけで
振り返ると見えて暫し待つ程速度域が変わってしまいます。
それほどOHLINZ付きSTUMPJUMPER FSRはやばかったです。
普通の2.0幅タイヤで行けなかった所も路面をしっかり掴みスイスイ乗車。
6fattieはちょっと重くて。。。
という時は軽量な29erのホイールも入れ登り寄りへ変える事も可能です。
そして海外ではかなりシェアを拡大して来ていると言うLEVO
maxresdefault
電動アシスト付きのMTB
残念ながらこちらは法律の関係で日本には入ってきませんが
実際に乗ってみました。
僅かな力で登りを超頑張っている時以上で登って行きます。
ハイパワーモードだとゴンドラより速く登っていきます。
MTBの楽しみ方がガラッと変わる可能性を秘めています。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.02.23

    TREK 学割
PAGE TOP