ニュートラル

本日は今年最後の里山でした。
その途中、僕が土手を登っているところを第一曜日さんが写真に納めてくれました。これぐらい上半身がニュートラルだといいですよね(自画自賛)。
色々キモはあるのですが、ニュートラルでいられる一番の理由はグリップをちゃんと持っていないこと。MTBのグリップという部品は通常1ペアしかありませんが、シチュエーションによって様々な場所を持ちます。ロードに使われるドロップハンドルと同じようにマルチポジションを取れるんです。
同様に座る位置も斜度や路面状況によって変えます。バイクは自分の前に行くこともあれば、後ろに行くこともあります。これはロードも一緒。
ハンドル、サドルの位置は大事ですが、あくまで始点です。その位置に縛られすぎないようにしましょう。
特にオフロードでは、マリオネットの手足のように柔軟に動くのが理想ですね。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.06.26

    EMONDA SL5の重量
PAGE TOP