BOAダイヤル&レースコードは消耗品

2シーズンに渡ってフルに使ったスペシャライズドのSワークスシューズ。散々迷った末、もう1シーズン頑張ってもらうことにしました。
理由はサイズ の問題。愛用している41.5が現在日本未入荷となっているのですよ。

一般的にシューズの寿命ですが……レースでガンガン使っていると、2シーズンぐらいかな、と個人的には考えています。樹脂で作られたヒールカップやトゥカップの剛性が落ちてきますし、アッパー部分もヤレてしまいます。ペダル踏んでいてもダイレクト感が乏しくなったり、引き脚で遊びが出てきてしまったり。

ただしツーリング目的ならば、多少ダイレクト感が損なわれても問題ないでしょうし、むしろそのぐらいの方が足にストレスがたまらないのでいいかもしれません。

ということで、BOAダイヤルとレースコードを新しくすることにしました。

レースコードの素材やBOAダイヤルの仕様はシューズの年式・モデルによって異なるのですが(価格も左右ペアで1,260〜2,520円と幅があります)、オイラが使っているレースコードはステンレスのワイヤにナイロンのコーティングがされた作り。
長く使っていると巻き癖がついてしまったり、写真にあるように表面のナイロンコーティングが傷んでしまいます。
さらに使っているとコードが切れてしまうこともあるので注意しましょう。

またBOAダイヤルも内部の爪の引っかかりが悪くなってきます。
使用頻度にもよりますが、ストイックに乗っている人だとシューズ内での足の遊びを防ぐためにキツめに締め込むこともあり、1〜2シーズンでの交換をオススメします。

そんなワケでBOAダイヤルとレースコードだけ新品になりました。
ダイヤルを回したフィーリングも、クリック感が復活してしっかりと止まります。
これでもう1シーズン行けるかな。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.06.26

    EMONDA SL5の重量
PAGE TOP