1月19日

040119 先日の日記でヘイズのウエーブローター(“マッドカッター”)に関して書いたけれど、オイラが使い始めたのはブレーキング。でも、ちゃんとダイヤテックプロデュースの1.8mm厚バージョンです。
なんでブレーキングかっていうと、ヘイズは160mm径しかないからなんですね。オイラはフロントにでかいローターを付けているもんで、前後でローターデザインが違うのもどうかなぁ、というわけなのです。
でも、フロントのローターを良く見てみると、パッドが擦れている位置がオカシイではないか! なんと、アダプターは185mm用なのに、ローター径が 180mmしかないのであった。よく考えないで付けてしまったけれど、今まで使っていたローターが185mmだったんだなぁ。というか、どうしてブレーキ ングは微妙に径が小さいのだ? ちょうどいいアダプターを探すか、作り直すか、2.5mm分(実測だと3mm分ぐらいかな)穴の位置をフライスでずらすか しなくては。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.09.26

    TREK E-BIKE
PAGE TOP