2013 SPECIALIZED MTB

さて、すっかり遅くなりましたが2013年のMTBのお話し。2013より、ほぼすべてのモデルが29インチになりました。身長が低くても乗れる、バイクが揃ったということでDHバイクなどアクションを伴うバイク以外は、グローバルでほぼすべてのバイクが29erとなりました。

またブレーキがマグラが使われているものがほとんどになりましたし、ドライブトレインがシマノのものも増えました。

価格は、全体的にお手頃になりましたね。毎年7月に発表した後に他社がそれよりも安く価格設定して発売することがほとんど、スペシャライズド=高価というイメージを払拭されるといいのですが。

※重量は、サイクラリー喜輪の遠藤さんと一緒に測った展示車(概ね19″)の実測値です。製品がこの通りとは限りませんので悪しからず。ちなみにスペシャライズドのバイクは、ほとんどのモデルで同程度の他社製品よりもホイールが軽いです。このため、実際走ってみると、より軽く感じると思います。

  1. DEMO(26″ Only)
    カーボンモデルが追加。試乗車が1台しかないのをダッシュでカレーライスを流し込み、ゲット!残念ながらコイルスプリングのモデルでしたので体重に合わせることが出来ず、ちゃんと乗れたわけではないですが、DHバイクのストロークはあっても、その取り回しの良さはなかなかのモノ。サスペンションのセッティングがあったら超楽しそうです。
  2. StumpJumper FSR
    すっかりわかりにくさが定着してしまったスタンプジャンパーFSRですが、FSRと付くのがフルサスペンションのモデルです。 2012年でフルモデルチェンジしているので大きな変更はありません。トレイル遊びにもっともバランスがいいバイクといってよく、FOXのサスペンションの進化も相まってどこでもストレスなく乗ることができます。
    S-WORKS  12.12kg 800,000-Yen
    EXPERT CARBON EVO 12.93kg 500,000-Yen
    ELITE 13.63kg 380,000-Yen
    COMP 13.3kg  280,000-Yen
  3. ENDURO
    2013年フルモデルチェンジしたエンデューロですが・・・結局展示会には間に合わず現物は見られませんでした。なんでも、グローバルプレスランチにも無かったようです。しかし、オールマウンテンまで29er。これはヨーロッパで盛んなエンデューロレース(下り基調のレース)のために進化したそうです。
    S-WORKS 800,000-Yen
    COMP 300,000-Yen
  4. CAMBER
    こちらも2013年フルモデルチェンジ、29erだけとなりました。形状はEPIC、StumpJumperFSRのデザインを踏襲、リアハブが142+のスルーアクスルタイプになるなど最新スペックも盛り込まれています。そして、サスペンションユニットには、スタンプジャンパーで昨年投入されたオートサグも装備され、内容は充実しています。
    ただ、そのストローク量が110mmとEPICの10mm増しただけのためか、日本では1モデル、”素”キャンバーのみの展開となっています。 ただEPICに採用されているブレインショックは採用されていないのでガツガツ走るよりも、昨年も使われた「スニーカーのような」素直なバイクといっていいと思います。
    残念ながら、こちらも試乗車がなかったため、乗れませんでした。
    ちなみにSサイズにはクラウンストップと言われる、ハンドルがトップチューブに当たるのを防ぐ構造物がフレームに付きます。こういったシステムは他のモデルにも早く応用されて欲しいものです。
    14.34kg 170,000-Yen
  5. RUMOR
    カタログに絵しかない、このバイク、やはり展示車も試乗車もありませんでした。グローバルプレスランチでも発表されていない、まさに「ウワサ」状態。新しいマーケティング手法か?とも思えます。実際にはスペックが発表されており、サスペンションストローク110mmから推察するとCAMBER29erの女性モデル版のようです。
    EXPERT 350,000-Yen
    COMP 220,000-Yen
  6. EPIC
    どちらかというとマイナーチェンジという感じのエピック。トップモデルのS-WORKSにはカタログに未掲載ですが、Sram・XX1仕様も用意されます。 大きなトピックとしては、全モデルにオートサグが搭載されたぐらい?ほとんどのモデルがマイナーチェンジ、その中でエキスパートカーボンEVO-Rはリアシートステーもカーボンになり、ブラックのモデルは塗装も最低限となっています・・・ただし、フロントシングル・・・。
    あと、フロントのサスペンションのSIDがソロエア化され重量が低減されているとのことです。
    EXPERT CARBON EVO R 10.66kg 500,000-Yen
    COMP CARBON  11.82kg 380,000-Yen
    COMP 12.23kg 300,000-Yen
  7.  MYKA FSR(26″)
    26″のトレイルバイクとして唯一?残った女性用モデル、マイカFSR。基本的にはマイナーチェンジです。オートサグなどは盛り込まれていませんが、ちゃんと女性用にチューニングされたRショックが付属します。エリートになるとフロントフォークも女性用チューンモデルとなります。
    ELITE 12.8kg 200,000-Yen
    COMP 13.8kg 150,000-Yen
  8. STUMPJUMPER HT
    同じスタンプジャンパーでも、こちらはハードテールのレースバイク。轍屋では戦闘機などと呼ばれていますが、29erとは思えない軽快なハンドリングが特長です。2013年のトピックはフロントフォークのSIDがソロエアになり軽量化されるなどのマイナーチェンジです。10mmストロークを伸ばし、100mmストロークとしたマラソン、リジッドフォークのEVO Rも追加になっています。
    S-WORKS 9.23kg 720,000-Yen
    MARATHON CARBON 9.795kg 420,000-Yen
    EXPERT CARBON EVO R 8.86kg 360,000-Yen
    COMP CARBON 10.77kg 260,000-Yen
    COMP 11.09kg 200,000-Yen
  9. FATE
    片山梨絵の愛機でもあるフェイトですが、全体としてみればマイナーチェンジ、2013で予想通りのS-WORKS仕様が登場しています。
    S-WORKS 9.185kg 720,000-Yen
    EXPERT 9.88kg  360,000-Yen
    COMP 10.4kg 260,000-Yen
  10. CARVE
    同じハードテールでも、こちらはもう少しトレイルより。大きな変更はないですがホイールベースが少し長めなので誰にでも取っ付き易いバイクです。
    EXPERT 11.8kg 150,000-Yen
    COMP 12.15kg 130,000-Yen
  11. JETT
    CARVEの女性モデルがジェットです。こちらも小変更。
    COMP 12.28kg 110,000-Yen

かなりザッとですが、こんな感じです。というのは、試乗車が少なかった&間に合ってないモデルが多かったんです。

2013年モデルSpecialized予約キャンペーン】
8月5日までにご予約いただいたバイク、フレームに限り、特典をご用意いたしました。 
詳しくは、店頭にて聞いてくださいね。結構お得だと思いますよ~!
電話、メールなどでのお問い合わせにはお答えしかねるのでご了承下さい。

モノカテゴリーの最近の記事

日記を表示(月毎)
カテゴリー