s-works TARMAC SL7 試乗出来ます

いよいよ発表されましたtarmac SL7

首を長くして待っていた方も多いのでは無いでしょうか?

まずは組む前の重量測定
結果は以下の様になりました。


フレームは805g

 

 


フォーク重量は355g

 

 


シートポストは135g

 

 


52-36 11-30t 9000系紐デュラエース、 roval alpinist、機械式ディスク、ブチルチューブ、樹脂製ダブルボトルケージ
サイコンマウント付き、と言う状態で公式レースに出れる6.8kgジャストに調整しています。

実際にこちらの仕様で店頭で試乗が出来るので気になる方は是非お試しください!

 

 

 

ちなみに6.8kgルール無視してフル9150デュラ、軽量なtuboliteチューブ、ステム一体型ハンドル
140mmローター、シングル軽量ケージ、軽量ペダル、カセットを小さい物にすると…
計算上ペダル込み6.3kg台と、とてつもなく軽く仕上がります。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.06.26

    EMONDA SL5の重量
PAGE TOP