轍屋夏合宿

ということで、今年は野辺山のSy-nakさんのお世話になりました。
天気に関しては曇り時々雨という残念なカンジとなりましたが、土質が砂なのでドロドロになりにくい、泥が付着しても水で簡単に落ちてしまうのが野辺山界隈の特徴のようです。
そんなワケで雨にも負けず、中込辰吾さん由香里さん夫妻、やはり夏期合宿中だった片山梨絵選手に、トレイルを案内してもらいます。
 
途中、小海線の線路脇を通ったりして、普段走っている南関東の里山ではありえない景色に出会えます。
次回は是非とも晴天時に訪れたいものです。

ちなみにSy-nakでは、高気圧酸素カプセルが導入されていました。
これは、人が入れる袋(円柱状のテントのようなモノ?)をコンプレッサーで1.4気圧近くに加圧するものでして、その中にいると血中酸素濃度が高まって代謝が向上し、疲労回復が早まるのだそうです。
オイラも1時間使わせてもらいましたが、それまでビールを飲んでいた「酔い」が一気に解消されました。
ちょうど、「高所で飲酒すると酔いが回りやすい」と逆の現象が起きるようです。
野辺山の標高は約1,300m。
空気の薄いところで運動して身体に負荷を掛けて血中ヘモグロビンを増幅させ、連取後の高気圧空気で疲労を抜く。
すると翌日もまた薄い空気で追い込んで練習ができる。
……なんて理想的なトレーニング環境なんでしょう。
宿泊者は、1時間1,500円ということです。宿泊の際は、是非お試しあれ。
ちなみにオイラの帰路は……合宿を終了した梨絵ちゃん号に乗っけてもらい、あっという間に神奈川まで帰ってきました。
やはりクルマは速かったデス。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.06.26

    EMONDA SL5の重量
PAGE TOP