1×11ユーザー必見 wolftooth GCX コグ

今回はこんなの欲しかった!的なアイテムのご紹介です。

おなじみSRAM xx1 10-42と超ワイドレンジカセット
クロモリの塊から削り出して一体物とする事でこんなに大きいのに僅か260gと超軽量カセット
11-42のM8000で445g
11-40のM9000で331g
と走りに影響大な回転体を大幅に軽量化できるこのカセット。
目ん玉飛び出す様な値段ですが、クロモリなので耐久性もめちゃめちゃいいんです。
ただ、軽量化の為一番大きいロー側42Tはアルミで出来ています。
硬いクロモリ部分は早々磨耗しませんが、42Tのアルミ部分は柔らかく早々にお亡くなりになります。
このカセットもチェーンを新品に換えたら42Tだけ歯飛びするようになったカセットです。
カセット交換で6万円、なんとかならん物か

と、探すと流石wolftooth、ありました。
GCX 42T COG

ロー側を外して

ついでに掃除して

圧入して復活
変速良好、副産物として逆回しで外れなくなりました。
以前は42Tに入れている時に逆回しした際、1箇所変速ポイント部分でチェーンがトップ側へ移動してしまっていましたが登りの再スタートがスムーズに。
お値段15000円で1点店頭在庫しております。
xx1 xo1に対応です。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.02.23

    TREK 学割
PAGE TOP