大船へ

自分にとって自転車通勤は、バイク、身体との対話の時間。調子や考察のための時間として活用しています。
最近、ペダリング時に左坐骨への加重具合が強く、右坐骨がサドルと接している感じがしない状態が気になり始めていました。
あー、このままだとマズいなーと思っていると2週間ほどしたら、案の定右側の首筋から肩へのハリが強くなり先週の金曜には右が向けなくなってしまいました。
その後、多少持ち直したものの根本的な解決を求めて、火曜日の午前中に大船へ。もちろん、いつも頼りにしている日本カイロプラクティックセンター大船、Joeさんのところです。
「ココがこうなってるから、ソコとソコに痛みが出ている」というように論理的にも納得できますし、もちろん体感も出来るので安心して伺うことができます。
そして、今日の自転車通勤ではちゃんと右坐骨もサドルに接していることを確認。特にスペシャライズドのBGサドル群は坐骨をサポートすることで腰、膝のブレを無くすことを実現していますから、違いは大きく感じます。
違和感を感じたら是非行ってみてください。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.06.26

    EMONDA SL5の重量
PAGE TOP