人気急上昇中↑↑なハイエンドシューズブランド【 LAKE レイク 】はじめました。

ひさびさに登場の私です(^^)

この度、わだちやでも【 LAKE レイク 】のお取り扱いを始めましたのでお知らせです!

創業35周年と、長年、自転車用シューズを作ってきたメーカーさんですが、最近になってよく見かけるようになった印象。

LAKEさんの最大の特徴は本革製のアッパー。
マイクロファイバー全盛の時代にレザーにこだわるのはフィット感の為。
一人一人の足型にピッタリと馴染んでフルオーダーシューズの様な履き心地をもたらしてくれます。

そしてなぜ突然LAKEさんを推し始めたかというと。。

とにかくフィット感!!!!\(^o^)/

実は私、とっても幅広で、今まで足に合うMTBシューズが見つからず、ずっとミドルグレードのものを履いていました。

ロードシューズは、比較的ワイドモデルが出回っておりますが、MTBシューズは日本にはなかなか無いですよね。。(ロードはスペシャのS-Works6ワイドを履いてます。)

そんな中、LAKEさんのシューズを試せる機会がありまして、ついに私もレイクデビューヽ(^o^)丿

山で履いてから写真撮ってないことに気付き薄汚れている…(´_ゝ`)

↓動画で元のキレイな状態をご確認ください…

2018年5月の王滝に来てくれたソーニャ・ルーニー選手も、幅広でLAKEのシューズを愛用しています!

美人は足もスリムに違いない…と思っていたので、なぜかすごく嬉しかったです。(笑)

ちなみに、幅広の私ですが、試着してみるとなんと、ワイドではなくレギュラーな方でちょうどでした!!

↓お見苦しいので少々加工してみましたが、こんな感じの短くて太い残念なフォルムですw

普段は、23cm前後の靴を履いてます。

今回ゲットしたMX241のサイズは37.0です。

箱から出して、はじめて履いた瞬間から柔らかい、というのは自転車の靴では初めての体験でした!

そしてボアダイヤルとワイヤーが上下独立している(一般的によく見るものは、2つのダイヤルで1本のワイヤー)ので、それぞれの足にピッタリ合います。

ワイヤーが1本だと、全体的に締め付けるので、足首に合わせて締めると、我々幅広族は、母指球&小指球が激痛…

まだこれを履いてロングライドはできていませんが、これならロングでも痛くならないだろうと確信してます(*’ω’*)

 

気になるけどサイズが分からない、という方がほとんどかと思いますが、いくつか取り寄せてお試し履きもできますので、お気軽にご相談ください!

その場ですぐ試せるように、ゆくゆくは店頭にラインナップ豊富に取り揃えたいと思いますので、乞うご期待ください\(^o^)/

それではこの辺で、また、コレキタ…!!というモノを見つけたらご紹介したいと思います♪

 

 

轍屋給茶担当 yuki

里山ツーリング&ロード練

土曜はのんびり初級里山ツーリングでした。

K太くんが海外に行くと言う事で沢山の方にお集まり頂きました。

 
いつもふざけていますが憎めない奴なんです。
帰ってくる頃には界王星から戻って来た悟空の様にパワーアップして来ることでしょう。

TREK stacheに久々の3インチセミファットタイヤを履かせてのトレイルライド。
圧倒的エアボリュームで空気圧は0.7barまで落としてもOK
乗り心地とトラクション抜群で、タイヤを潰した時の反発が強くそれを生かして飛んだりと楽しめます。

 

 

日曜定例のロード練は思考を変えて平地コースで70km程

空気が澄んでいて日産スタジアムの後ろにくっきり富士が見えました。
登りの方が負荷を掛けやすいですが平地は平地でフォームやペダリングを意識
脚にも来るので良い練習になります。

寒くて早起きの辛い季節。
布団の誘惑を断ち切る為のグルメも欠かせません↓


日体生も満足のジューシーな日体メンチバーガー(300円位)

 

 


卵、ハンバーグ×2、カレーライスパンのボリューム満点ロコモコパン(300円位)

こどもの国駅近くにあるみちぱんはボリュームたっぷりのパンが多いのでサイクリストにお勧めです。

参加の皆様お疲れ様でした。

 

寒いのでお買い得なウェアネタを一つご紹介。
本日のgarminの気温計は最低-3℃氷点下です。
秋グローブで走っていましたが今季初のウィンターグローブ導入となりました。

SPECIALIZED ELEMENT1.5
7℃以下に対応しグローブを外すことなくスマホのタッチスクリーンに対応。
蛍光イエローで手信号した際車からの視認性も良いので
安全運転にも一役かい指先が冷える事無く快適に走れます。

定価5400-がサイズL XLに限り4,000-となっております。
受注発注となっており納期約3日です。
試着用ご用意ありますのでお試しください。

1/26 里山初級ツーリングの案内

1/26は里山初級ツーリングとなります。

 

ゆっくりとしたペースでオフロードを走り、パンステージエピソードへパンを食べに行きます。

オフロード走行が可能な自転車でヘルメット、グローブ着用の上7時に轍屋へお集まりください。

参加表明不要なのでお気軽にご参加下さい。

FG542 FG220 ZWIFT 体験出来ます

良くサイクリストの強さは冬場の乗り込みで決まる…と言います。

とは言え外は寒いし、峠まで行く時間も無いし、そんな時の強い見方のローラー台+ZWIFT

この環境と30分~1時間あればいつでも世界中の人とヒルクライム、トレーニング、模擬レースが楽しめます。

今店頭ではミノウラの新型ハイブリッドローラーFG542とFG220がお試し頂けます。

ハイブリットローラーの特徴としてはリアを固定する事がなく、フレームが痛んだり、
バイクが固定され固定ローラー特有のペダリングが身に付いてしまったり、と言うデメリットがありません。
実際に乗ってみると安全な3本ローラーと言った感じでしょうか。

FG542の特徴としては分割式でちょっと重い(10kg)ですが
負荷は600w程でインターバルにも耐えられる設計。
前の高さ調整でヒルクライムポジション再現可能。

       

FG220は負荷は300w位まででFTPが200w位の方が地脚を鍛える分には十分ですが
インターバルをしたりパワー系ライダーには不向き。
その分折り畳み式でシンプル軽量コンパクト(6㎏)低価格で、持ち運びはとても楽です。

ただ実際の所ローラー台と言うのは爽快感もなく、景色も変わらず、ただトレーニングでしかありません。
余程精神力がある方かモチベーションがある方じゃないと続きしません。(自分がそうでした)
ZWIFTはそんな苦痛なローラーを実際の走行に近づけ、楽しくしてくれるアプリです。

そのZWIFTとFG542、FG220両モデルを無料で実際に試す事が出来ます。

只今ご注文頂いた方は汗から自転車を守るセーフティーネット2をお付けしています。

予約制になっていますので試乗ご希望の際はメール、またはお電話にてご連絡ください。

この冬ローラー₊ZWIFTデビューして本格的な自転車シーズンに備えてみませんか?

初心者パンライド

美味しい朝飯を食しに出発〜

申し合わせた訳では無いのですがレーパン率0%のゆるゆるサイクリングスタイル。

鶴見川サイクリングロード1本で時速20キロ位で快適な早朝サイクリング。

着くと土日は埋まっている事の多いサイクルラックですが本日は一番乗りで貸し切り!

ロード、CX、DS、トレイル、XC、AMと自転車の種類は見事にバラバラ、フリーダムです。

裏にもサイクルラックがありサイクリストに優しいパン屋です。

エピソードはハード系パンが美味しくつい食べ過ぎてしまうのでダイエット中の方はご注意!

↑良い子は真似しないように〜

朝は氷が張っていましたが帰る頃には暖かく良いサイクリング日和でした。

明日はトレーニングライドの日曜ロード練です。

 

湘南シクロクロス開成公園 行ってきました

国内トップカテゴリーのC1選手~キッズまで幅広く楽しめる湘南シクロクロス。
神奈川に住んでる方にはアクセスも非常に良くとても参加しやすい大会です。

シクロクロスは上のカテゴリー以外はわざわざシクロクロスバイクを用意しなくても
MTB、ファット、クロスバイク、中にはロードで!縛りは無く気軽に参加出来ます。
コースが見渡せてレース展開が見ていてわかりやすく観戦する方も楽しめるのが良い所です。

ショップの仲間達と楽しんで来ました。

メキメキと頭角を現しているおおたくん
初のCXで最後尾スタートから上げに上げて

見事に表彰台!
日に日に狂暴な脚になっています。


兄弟そろって女子クラスも優勝を飾ってくれました。
試走で皆でラインを確認してる時に階段を跨ぐギャップの所でリム打ちパンクをしてしまいましたが
空き時間の間に教えると直ぐにホッピング出来るようになり本番はスタートから独走、安定感のある走りでした。


マスタークラスの先生も力強い走りでてっぺん!
皆の熱い走り興奮してしまいましたが最後は僕のクラス。
最後に決めて!と仲間のプレッシャーをちょっぴり受けてスタートw

平坦基調のコースで圧倒的な力の差が無い限り先頭集団に生き残るのがポイントかな~と予想し
序盤は3位と好位置で心拍も上々。
このまま落ち着いて集団でやり過ごしていつか勝機を…と思った矢先
コーナーでインに寄りすぎて杭にヒットして前転
立て続けにもう一発原因不明の謎落車。
10人位の先頭集団ははるか彼方へ

2019も相変わらずこんな感じか~と落胆してる中
宇都宮の二の舞にはなるまいと気持ちスイッチ。
ちょっと離れた位置で先頭集団を見ていると一度一人の逃げがあった位で
牽制が入っているのかあまり距離が離れない。

単騎で脚を使ってじわじわ縮め、あと一歩、あと少ししたら休める!
という局面で欲張って芝コーナー減速せずに曲がったらスリップダウン。

その後は粘って数名パスして7位finish
結果はともあれそんなレース展開を楽しみました。
自転車は楽しむ事が一番!


宮ケ瀬で有名なあげぱんオギノパンが出店していて会場美味しく頂きました。

2月にオススメの近場で気軽に楽しめる大会はイナギクロス湘南シクロクロス最終戦があります。
皆さん参加してみてはいかがでしょうか?

年末年始のライド&イベント案内

あっと言う間に過ぎて行った年末年始のライド
ロード練はJPTチームフィッツと合同で忘年ゼブライドへ。
サイクリングペースでまったり会話をしながら。

クライマーKさんの先導で城山へ
ヒルクライムの様子はこちら

ここから登りと合図をするとリードが外れた犬の如く飛び出すO君とN君
ゆるゆる登るつもりだったのにな~
600wでブリッジかけて追走。


ave370w
ケイデンスが低いからもう少し回せると脚を温存出来るかな?
皆登った所で一枚パチリ。
久々の城山は相変わらず斜度があるけど距離も程よく気持ち良く終われるヒルクライムであります。
色々あり営業時間に間に合わなそうだったので残念ながら途中離脱。

皆さんゼブラコーヒーで美味しいコーヒー&パンを楽しめたそうです。

 


年始のトレイルライド
S-works に乗る現役XCレーサーとMIYATAのE-MTBに乗る70才。
年齢、体力関係なく一緒に楽しく走れるE-MTBの可能性を大いに感じます。
トレイルライドを楽しんでお昼は皆で回転寿司へ!

(実は2回行っていて前回はカップラーメン&オードブル!走った後の山盛飯は格別です)

 


そして三浦七福神ツーリング
前日の暖かさとは打って変わりずっと曇り空で気温は常に5度以下
途中みぞれがチラついたりそんな寒空の中でしたが皆元気にフル自走!


三崎の海南神社


妙音寺の迦陵頻伽の下で


三崎漁港七兵衛丸でご褒美三浦丼!

 


一社一社御朱印を集めて出来上がった七福神色紙
きっとご利益がある事でしょう。

沢山食べた分沢山走った年末年始。
体重はプラマイゼロでした。
参加の皆様お疲れ様でした。

今月のツーリングは
19日初心者パンライド
鶴見川CRを走りエピソードへパンを食べに行きます。
距離は30km程、サイクリングペースでのライドです。
8:00轍屋集合です。

26日初級里山ツーリング
マウンテンバイクで近所のトレイルライドへ行きます。
距離は20km程で8:30轍屋集合です。

いずれも参加表明不要ですのでお気軽にご参加ください。

サスペンションのストロークアップ

rockshoxのreverationはエアシャフトの交換でストロークアップが出来ます。

130mmストロークから150mmストロークへ


20mm伸ばされたreverationは迫力満点。
ストロークアップにより大きなドロップオフも安心して走る事が可能となります。

定休日変更のお知らせとイベントカレンダー更新しました

2019年1月から定休日を変更し月曜が定休日となります。

イベントカレンダー更新しました。
定例のロード練は日曜日になります。

その他のイベントは
6日 七福神ツーリング
19日 初心者向けパンライド
26日 里山初級ツーリング
水、金ナイトライド
となります。

お間違いないよう宜しくお願い致します。
ご不明な点はメール又はお電話にてお問い合わせください。

 

1/6 三浦七福神ツーリング

新年 明けましておめでとうございます。
今年も皆様の自転車ライフのお力添え出来る様励んでまいります。
変わらぬご愛好よろしくお願い申し上げます。

さて2019年最初のロードツーリングは、毎年恒例の1月6日三浦七福神ツーリングです。(2018行ってきました)

七副神巡りをして、新年の運気アップしたいですね。
自転車はなんでもOKです。

●ルートと距離
ルートはこの順で回ります。(カーソルを合わせるとコメントが出てきます)
妙音寺(福禄寿)
円副寺(恵比須尊)
慈雲寺(毘沙門天)
海南神社(弁財天)
見桃寺(布袋尊)
白髭神社(寿老人)
延壽寺(大黒天)


距離はおそらく50kmで、グループライド中はかなりノンビリとしたペースになると思います。
以前の七福神めぐりの様子は第一曜日氏がブログでまとめてくれているのでご参照ください。

●持ち物等
お賽銭用の小銭と、駐輪用のワイヤ錠を持って行きましょう!
走り出しの時には、ある程度の補給食(お昼まで走れる程度)も必要です。
水などの飲料水は、各地の自販機で随時入手できます。
あとは防寒具、携帯工具類等々、ツーリングに必要な常識的なものをお願いします。
また自走で帰る方は、陽が落ちることも想定してライトを持って行きましょう。

●走行時の注意等
集団走行では、手信号や声掛けが重要になります。
特に市街地や信号が連続する場所、見通しの悪い路地等では、追突や接触事故を
回避するためにも、「止まりまーす」「対向車」等の声かけをお願いします。

●おおまかなタイムスケジュール
9:00 横須賀市立石付近集合
10:00 武山ヒルクライム
12:00 三崎(ランチ)
14:00 立石付近解散

 

例により自走隊も募集しています。
フル自走だと150km程になります。
立石までのペースは平均20キロ後半位になると思います。
自走される際は轍屋に七時轍屋集合でよろしくお願い致します。