ひつじのショーンが案内するサイクルスタンプラリー

突発ですが3/2はひつじのショーンが案内するサイクルスタンプラリーに行きます。

 

ルートを組みましたので画像をクリックすると計16箇所のスタンプポイントの確認が出来ます。

走行距離距離150kmと走り応え十分!

集めたスタンプの数で何か貰えるかも?

横須賀~横浜辺りのスタンプラリー中はゆっくりとしたペースですが
轍屋~ソレイユの丘~東京湾フェリーまではハイペースになると思うのでロードバイク推奨です。

6:30轍屋スタートとなります。

参加希望の方は必要な物等、詳細の案内をお伝えしますのでご一報下さい。

と言うことで行ってきたレポートはコチラです

2月〆ライド

土曜は初級里山ツーリングへ。

セミファットのstacheは空気圧は0.8bar、抜群のトラクションと
29er̟+の大柄な見た目とは裏腹に、短いチェーンステーからくる気持ち良い走りは
マウンテンバイクの楽しさが詰まってるな~と乗る度に感じます。

上手い人が乗るとこんな楽しい事が出来るstacheです。(僕は出来ません)

 

ブロックタイヤが沢山並ぶと壮観ですな~

 


たった16kmと短い距離ながら850カロリー消費出来ました。

 

日曜はロード練で茅ケ崎のサザンビーチへ


気持ちいい海岸線を走って目的地のサザンビーチに到着。

 

海の見えるサザンビーチカフェ

 

 


珍しく意識高めなモーニング?を頂きました。
個人的にはちょっと物足りないながら700円のモーニングセットで
アサイーヨーグルト、レモネードおかわり自由な所が◎です。

参加の皆様お疲れ様でした。
3月イベントカレンダー製作中ですので来月もよろしくお願い致します!

初心者パンライド&湘南シクロクロス

16日は初心者パンライドへ行ってきました。
ケガから復活のandyさんと初参加の方達とエピソードへ

携帯を持って行かず写真使いまわしでスミマセン。
今週はローラー多めにやってヨレヨレ
平均速度22㌔ですがリハビリ?のandyさんのペースアップが堪えました。

 

翌日17日は湘南シクロクロス最終戦
TEAM轍屋参加メンバーをご紹介!

C4ノリさん


C3初戦真くん


CL3ハードラーmadokaちゃん


CL1優勝ユキさん


CM3こいちろさん


優勝ショッカー1号さん


優勝ショッカー2号さん

 

そしてC2の僕
久しぶりにスネ毛を処理、この週夜な夜なズイフトの海外レースに励み密かに狙った最終戦。


想像以上に脚が張ってるけど入念にマッサージしてスタート

 


丁寧に転ばない事を意識してC2で20%と自己最高順位。
けど最終的に平均220wと低っくいパワーデータ!
現状40分のバーチャルレースや実走で300w位出てる今それ近くは踏みたい所。

 

 

楽しかったシクロクロスシーズンもこれにて終了です。
参加、応援に来て下さった皆様お疲れ様でした!

オーバーホール作業

日中は大分暖かくなって来て少しずつ自転車シーズンの到来を感じます。
冬場乗らなかった自転車をメンテナンスして良いコンディションで気持ち良く走りたい。
そんな時はオーバーホールをお勧めします。

roubaixのフルオーバーホールの一部始終をご紹介します。

2年乗られたヘッドベアリング、スムーズなハンドリングを担う部分


ベアリングの状態は交良好だったので洗浄、グリスアップ、フューチャーショック搭載車にはステアラーチューブカラーにリコールが有ったので対策品に交換をします。


クランクの回転を受け止めるボトムブラケット


汚れてはいましたが悪状況ではあまり乗らないとの事で回転はスムーズ
交換の必要が無かったので洗浄とグリスアップ
速めの洗浄とグリスアップが長持ちの秘訣です。


全ての箇所しっかり増し締めを行い進んで行きます。


DTSWISSのスターラチェットハブも分解グリスアップ
フリーの音が大きくなってきたらそろそろメンテナンスの時期だと思ってください。

 


スターラチェット心臓部
内部が悪い状態で走ると摩耗してペダリングしても滑って進まなくなります。


ハブのベアリングの状態もチェックして行きます。
DTSWISSはシールドベアリング。
ここまでやるのでこの機にセラミックベアリングに変えるのも快適に走る一つの手段であります。

 


リアディレイラーのテンションプーリーとガイドプーリ
こちらも内部の状態の確認とメンテナンスを行っていきます。


摩耗で限界一歩手前のブレーキパット。
もう少しでローターが駄目になってしまう所でした。
せっかくなので制動力の高いメタルパットに交換。
油圧ブレーキなのでブリーディング作業を行いブレーキタッチUP。

今回は回転部をメインでご紹介しました。
乗る距離や使用状況にもよりますが愛車のコンディションを保つ為にはおおよそ
セミオーバーホールは1年に1回
フルオーバーホールは2年に1回
をお勧めしております。
速めのメンテナンスが製品寿命を大きく伸ばします。

只今オーバーホール作業多数承っており納期1週間程となっております。
よろしくお願い致します。

稲城クロス行ってきました

2回目の開催となる稲城クロスに参加してきました。

多摩川サイクリングロードの途中にある好立地の特設コースで多くのサイクリストが集まりました。

エントリーフィーは驚愕の1000円!ながら日本シクロクロス競技主催者協会(AJOCC)公認の大会で
レベル別にカテゴリー分けされていて勝つと上のクラスに昇格が出来るシステムです。

少し高台に上がればコースが見渡せて観戦の方も楽しめるのも◎です。

前回フラットだったコースは今回は階段が追加され立体的なコースになりました。

マスタークラス(40歳以上男子カテゴリ)

一番枠の多いエントリークラスのC4も100名の募集枠があっという間に埋まってしまい
エントリーしたかった方も出来なかったとか。

 

今回の目玉と称される男女ペアのバレンタインクラス。

スネ毛も処理しておらず我ながら粗い女装だな~と思いつつも強豪チームを抑えて優勝する事が出来ました。

ついでに出たオープンクラスはトップカテゴリー、ジュニアの選手もごちゃ混ぜちゃんぽんクラス。
試走とアップ無し野生の感だけでスタート!

優勝を飾ったのは上野選手。
去年のシマノバイカーズの60minXCぶりでしたが今回は歯が立たず
シケインもバニーホップで超えててかっこよかったなぁ~
(見よう見まねで挑戦するも後輪引っ掛かって失敗…)

転んだり観客の多い苦手な階段やシケインで毎周の様に後退しても
多くの熱い声援で最後まで楽しく走る事が出来ました。

参加証に稲城クロス限定サイクルキャップと

 

 

クロスコーヒーでコーヒー一杯無料という太っ腹っぷり

 

 

 

参加者も観客も楽しめて盛り上がる大会です。
次回開催時に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

paypay対応しました。

轍屋でも、ひっそりとスマホ決済アプリpaypay対応しております。

そして、本日2月12日am09:00より、100億円キャンペーン第2弾が開始されました。

扱うからにはしっかり内容を把握せねば。。と思いながら色々なサイトを眺めてみるも…正直なんだか分かりにくいですよね(笑)

ソフトバンクとヤフーの合弁会社が提供するサービスなので、Yahoo! JapanカードやYahoo!プレミアム会員が優遇されていることがポイントなので、

すでにYカードを持っていたり、Yプレミアム会員の方ならやってみる価値はあるかと思います。

もしくは、近々、Yahoo!ショッピングやヤフオク!でもペイペイによる支払いが選択できるようになるらしいので(2月導入予定が延期になった模様)それらをよくご利用される方には向いているサービスかもしれません。

そして今後も、こういったキャンペーンを発表していくとのことなので、前回乗り遅れた方も、準備だけしておくのも良いかと思います(笑)

 

現金を持ち歩いていても比較的安全な日本で、どれほどキャッシュレス化が根付くか分かりませんが、このCMはちょっと考えさせられるなーと思ったので貼っておきます。

現金派で機械や数字は信用ならん!な自分を見ているようで…(笑)

 

ひとまず、今回のキャンペーンは5,000円程度のお買い物でお得になるものなので、普段のお買い物にぜひご利用ください(^^)/

 

yuki

パワーで見る対策

自転車を初めてあっと言う間にE1に上り詰めトップ集団で生き残るまで成長したHJD選手
僅か2年でpwl5倍位まで伸ばした彼がトレーナーの資格を取り今回メニューを組んでくれて二ヶ月程、晩飯前に少しローラーを回しているのでご紹介します。

まずはこちらが自分のシクロクロスレース時のパワーデータ
水がスピード、青がパワー、赤が心拍、ピンクがケイデンスです。

1400w近くのスタートスプリントから後は短いマイクロインターバルの繰り返しが波形から読み取れます。

次は夏のロード練で半原のヒルクライム時

ヒルクライムで上げ下げするのは自滅する様な物なのでこの様に上げ下げせず、一定パワーと言うのが疲れずに速く登れるコツです。
ロングクライムが連続する王滝もクライミング中はこの様な波形になっています。

CXレース時のパワーゾーン分布

ヒルクライムの時に使うミドル域が少なくvo2max 無酸素&神経系が多くなってます。
一番多いレスト中もただ休んでるだけでは無くコーナーリングや下り、担いでいたりするので
ここを伸ばすのも重要というのは言わずもがな。

という事で行う事はSSTやL4等の一定ペース走では無くインターバルと言うのは素人ながら分かります。

色々問診を受け出されたメニューはvo2max域を叩く30秒オン30秒オフ×20本のマイクロインターバル。
オンの時はよく使う領域の400w超、オフは完全に休まずなるべく回すように、と。

2か月前初めてやってみた時がこちら


avg270w NP290w
30分位で終わりますがインターバル耐性が無くてしんどかったのを覚えています。

週に何度か行いましたが1カ月位たっても、キツイし変化も感じないし辞めようかな~
と思いつつも一応続け2カ月位経って以前より楽に感じ始めて今に至ります↓

avg303w NP323w
一割位伸びてました。

人の細胞が入れ替わるのに時間がかかると言われていますが
その負荷に慣れるように継続する事が大事なんだな~と実感。

他にクライマー系の選手も数名見ていて軒並み狙った域が1割近く伸びているとか。
HJに感謝。

王滝のあった九月以降下がり続けたパワーとCTL(体力)も少し戻ってきました。


パワーメーターがあるとTSSと言う数字からこの様なCTL(体力)グラフが分かります。
選手レベルで必要なCTLは100。

ちなみにトレーナーは驚異のCTL150以上。
パワーメーターが無い方にCTL150と言うのを分かりやすく説明すると
1時間半の全開タイムトライアル、又はミドル走で3時間毎日休みなく走りこむ量。
走行距離で年間28000kmだったとか。
(正確にCTLを運用するにはログ抜けが無いようにする必要あり)

ちょっと↑は次元が違いますがこの様にパワーが分かると上がり下がりが一目瞭然。
鍛えたい所を狙い撃ちして効率良く体力アップが可能です。

 


第3世代になって抜群の安定性になったstages power

 


一つあれば自転車を複数台持っていて自転車間の移動が簡単なgarmin vector3

パワーメーターは精密機械。powertap pioneer stages garminと各メーカー何かと不具合を見てきました。
不具合を見た事が無いのはSRM QUARQ位でしょうか(出回っている数が少ないと言うのもありますが)
高価な物なのでしっかり保障のある正規販売店での購入をお勧めしています。

【復活】bontrager ラテックスチューブ入荷致しました。

以前はラインナップにあったのに長らく消えていたbontragerのラテックスチューブ
この度復活し入荷致しました。

チューブにはブチルチューブとラテックスがあり簡単にまとめますと
ブチル
メリット  空気持ちが良い 安価
デメリット 重量が重い

ラテックス
メリット 軽い 転がり抵抗が低い 伸びるので突き刺し、リム打ちパンクに強い しなやかで乗り心地が良い
デメリット 空気抜けが早い 高価 熱に弱くカーボンリム+キャリパーブレーキは使用不可

高価な事を除けば圧倒的に走行性能はラテックスが上です。
転がり抵抗値で言えばチューブラーよりも優れています。(実はチューブラーは転がり抵抗は低くはない)
ディスクロードが増えて来てディスクカーボンクリンチャー+ラテックスチューブの組み合わせが
最高の組み合わせなんじゃないかと感じています。


某メーカーのラテックスチューブですがリムテープと相性が悪いのか内側が反応して変形しています。
数カ月パンクしていませんが気持ちの良い物ではありませんね。


bontragerのラテックスチューブ
暫くテストで使用してみましたが高品質で上記の状態になる事なく安心して使う事が出来ました。


どれほど抵抗を抑えられるか?ですが片側2w程両輪で4w程。
たった4wかと思いますがセラミックスピードのビッグプーリーより大きい数字。
パワーメーターお使いの方は4wの重みが分かるかと思います。

見た目では分からないチューニングですが確実に走りを変える事が出来ます。
¥2,900-

2/2 2/3の朝ライド

土曜里山ライド
あまりの走破性に暫く封印していたstache最近ハマって乗っています。
ピーキーなCXだと色々テクニックが必要な所もバイク任せでラクラク~
スライドエンドを生かしてシングルスピード化を目論んでいます。


ファット率50%!沢山遊んで腹ペコで食べるみちぱんは最高です。


ロード練は飛行機を眺めに浮島へ


飛行機が間近を通り過ぎて迫力がありました。

 


普段32cのタイヤを履かせていますが擦り切れてしまったのでbontragar R2
コストパフォーマンスの良い練習用タイヤを履かせてみました。

タイヤは変えた際の走りの変化が一番大きいので走る前からワクワクします。

疲れが溜まっててちょっと踏んだだけで腿がズキズキする中でも
久々の25cロードタイヤ、練習用タイヤとは言え軽~く転がって自然とスピードが上がります。
耐パンク構造&リムとタイヤの段差を埋めて空気抵抗を少なくするaerowingがついてて一押しの練習タイヤです。

 

2月イベントカレンダー更新しました。

2月イベントカレンダー更新致しました。

2/11にはキッズスクールもありビギナーも参加しやすい稲城クロスがあります。
エントリーフィーは破格の1000円!
安田大サーカスの団長がMCを務めてMCを聞きに来るだけでも来る価値あり!?
地元で近いので是非足を運んで見て下さい。

16日初心者パンライド(距離30km程)

23日初級里山ツーリング(距離30km程)

となっておりますのでお気軽にご参加ください。