2018年 MTB XC 全日本選手権 レースレポート yoko

2018.7.22.Sun
class :エリート女子
result 3位
wheel paxprojec
tire dugust 1.2bar
special thanks! ogk kabuto
sunglasses&helmet&globe
specialized/epic

今シーズン最大の目標として、約半年間の練習を積んできた全日本選手権。
結果は、今シーズンで最高に悔しく反省とモヤモヤの残るレースになってしまった。

前日の試走も、当日のレースも砂埃が舞う程のドライコンディション。
試走をしてみて、不安なセクションは特になかったがスピードコースで全体的に苦手な印象。
前日のマネージャーズミーティングでは、全カテゴリー共に短めな周回数が発表される。
…正直、3周?!…少なっ…と思ったが、何周回であろうとその中でしっかり走らなければいけない。
不安は残ったが、気持ちを切り替える。

sy-nakcabinで朝ご飯を美味しく頂き会場へ向けて出発するも、らしくもない極度?の緊張で何だか呼吸が苦しいような…苦しくないような…。
前日に水分を摂取しすぎか、お腹も下り気味だがこれは軽量化でラッキー。
普段から、体をケアして頂いているacu_power山旦那さんにアップオイルやマッサージをしてもらう。
大分 落ち着いて来た。

いつもの舗装路は暑いと判断し、日影のジープ道でアップをする。
大丈夫!脚は軽い!体調もいい!
招集まで、首などなるべく冷やして待つ。
スタート前、轍屋 片岡君が日傘をさしてくれ、幸ちゃんが氷をくれる。
フィードには谷さん、上野さん、政井さん3人衆が冷たい水を用意して待っていてくれる。
日影もないフィードで本当にありがとうございます。
カブさんに気合を入れてもらいスタートするが…何だか体と心がバラバラな感じで、いつも以上に最悪なスロースタートに。
駐車場からの登りで少しづつ前の選手をパスするも、気持ちがフワフワと浮ついてしまっている。
カブさんの「3周しかないんだぞ!出し切れ!」の喝で集中し始めるも、あっという間に3周回が終わってしまった。

脚は軽くて、体の調子も良かった。
暑さも特別には感じなかった。
でも、しっかり走りきれなかった。
納得のいく走りをする!と決めたのに達成出来なかった。
苦手な部分が浮き彫りになり、課題の残るレースなってしまったが、そもそも練習で準備してきていない事が出来るわけがない。
今シーズンは、山口整骨院でもお世話になり、体のケアもしてきた。
去年の自分より、体力もベースもパフォーマンスも上がってきていると感じ
る。
自転車に乗り始めてのここ5年余りの中で、先月は自己最高に乗り込んだ!そして、それは自信になった。

後半戦そして来年に向けて、目標を明確に少しづつ…積み重ねていきます。

轍屋 片岡君と幸ちゃん、メカニックから練習まで…いつも本当にありがとう。
キクさんはじめpaxprojecさん、acu_power山旦那さん、山口整骨院さん、ありがとうございます。
気にかけて下さるエノさんや、アドバイスを下さる皆さん、轍屋の皆さんありがとうございます。
いつも我儘を快く受け入れて下さるsy-nak中込ご夫妻ありがとうございます。
沢山の応援や写真をありがとうございます。

いつも一緒にスタートしてくれる女子選手の皆さん、カテゴリーは違うけれど速く若く、これからが楽しみな選手達。
ありがとうございます。
また、安全で楽しいレースを開催して下さる関係者の皆様 ありがとうございました。

みぽりんの日だった!おめでとう!

そして、可奈子さんのいるレースはやっぱりいい!締まる!そして嬉しい。

 

写真は伊東さん・noriyasukatoさん・・サイチンさん・松尾さんより
ありがとうございます。

まずは飲み週間に突入~

同一バイクでジオメトリーの変化を感じてみる

この前は王滝に向けたカスタムをしたstacheですが
今回はシマノバイカーズフェスティバル60分XCと4時間耐久チームエンデューロがあるので
気持ちよく走る為にカスタムをしてみました。

   
左が元の状態、右がカスタム後です。

XCバイクと一緒に走れる事を目標に弄ってみました。
ドロッパーシートポストを外し、転がりの軽いs-works renegadeにタイヤ交換。
120mmストロークのサスペンションからFOX 32 SC 100mmへ。
反応が良くなるようにスライドエンドを一番前にしてチェーンステー長も405mmに。
procalibar等のXCバイクでも430mm位ですが、ここまで短く出来るのはstache唯一の面白さ。

ここまでやるとバイクのジオメトリーは大きく変化。
ヘッドは立ち短いチェーンステーも相まりハンドリングがクイックに。

29XCハードテールは大体BB下がり60mmでBBハイト310mmを持ちますが
120mmストローク、29+に合わせたBB下がりの車体にこのカスタムで
BB下がりは約80mm、BBハイトは290mmに変化。
この低いBB下がりで低重心に。

デメリットはペダルヒットしやすい所とパッと見シャコタンに見える所でしょうか?

小難しいジオメトリーの話になってしまいましたが実際の感想はまた後日。

7/28の営業

7/28はシマノバイカーズ参加の為臨時休業となります。

ご迷惑おかけしますがよろしくお願い申し上げます。

 

 

定休日の水曜日は富士山周辺でのツーリング計画を兼ねぐるっと一周してきました。

富士スカイラインの富士宮口5合目は標高2300m
酷暑酷暑と言われますが気温は15度で寒い位でした。
ぐるっと1周して150km 3000mup位

スバルライン、あざみラインを追加するとなると200km 5000mup以上!?
1周+3ピークス、未知の領域ですが一度挑戦してみたい物です。

翌日は営業終了後ロード夜練を企画。
突発でしたが女性3名、男性3名お集まり頂き周回練習。
あまり上げ過ぎないようにダイエットペースで2時間弱。
800カロリー位消費しました。

猛暑ですが熱中症に気を付け安全に自転車を楽しみましょう!

2018MTB XC 全日本選手権 レースレポート hashi

開催日:2018年7月22日(日)
出走カテゴリ:男子エリート
天候:晴/ドライ
リザルト:18位(完走)
ピットサポート・メカニックサポート:轍屋(谷さん・政井さん・上野さん)
身体メンテナンス:acu-power・山口整骨院
BIKE:specialized2016 S-WORKS EPIC
WHEEL:ROVAL
TIRE: F;Fast Trak 2Bliss Ready(1.55BAR) R; Fast Trak2Bliss Ready(1.55BAR)
HELMET:FLAIR
GLOVES:PRG-5
EYEWEAR:101PH


今回も昨年同様に金曜日の夜に野辺山のSy-nakに前泊させていただき土曜日はのんびり朝食をとって会場入りが出来ました。

とにかく暑くて、長時間の試走は体にもかなりの負担がありそうですがいつものように10時ごろから合田さんと試走へ。

春のコースから若干コースは変わり少しのぼりが多くなってるイメージはありますが、大岩やシングルの下りなどは同じでリズムのいいコース設定になってますね。

全体的にリズムをつかめばかなりいい感じで登りも下りも走れるので、どこでリズムをつかむか、またコースの全体での力の入れどころと抜きどころを試走の中で考えました。

駐車場からのバームの登りの合田さんの走りは相変わらずスムーズで、トップの点から次のトップの点をギアを上げてプッシュプルで登っていく…これができるときついですが格段に速く登れるw

2か所の芝の直登は、自分的にはダンシングをしないでシッティングで体重をかけて思いギアを踏み切る感じで登る、ダンシングもいいのですがそこで無駄に力を使わないようにしました。

下りは特に難しい区間はないので、変なミスをして落車しないことを心掛ける。

後は木金とレストに充てていたのである程度の刺激を入れて終了。

そして、今回サポートで来ていただいてるacu-powerの山田さんに腰や肩のあたりを鍼治療していただき、気になっていた肩や腰の張りが落ち着き助かりました。

 

~レース当日~

14時半からのスタートなので、12時に女子のスタートを見てから昼食をとり、acu-powerの山田さんにアップマッサージをしていただき、13時半過ぎにアップを開始。

合田さんと舗装路を心拍80%に上げる感じでを3回ほど、暑いので下りで掛水をし身体を適度に冷やしながらアップし終了。

今回もフィードしてくれる、上野君・政井さん・谷さんと掛水とジェル・ドリンクの受け渡しかたを最終確認、本当に感謝しかないです。

周回数は酷暑のため4周回。。。おそらく普段だったら6周回だっただろうな。4周回であれば完走は当たり前、トップとのタイム差と順位にこだわって走りたい。

トップとのタイム差は、10%以内に収めたい、そして順位はできれば15位以内、欲を言えば昨年のリザルトよりいい13位以内を目指す。

いつも通りスタート前にcubさんに気合を入れてもらい、24番スタートなので4列目の右側を選んでスタートまつ。

14時30分定刻通りスタート。

特に落車もなく、スムーズに流れ自分自身もスタートからシングルまではいつになく脚も軽く20番手ぐらいでシングルへ。

 

駐車場からの登りでは自分のパックのペースが少し遅く、開けたところで一つ前のパックへ。調子がいいといってもあまり前に出すぎて、後半持たなくなってもなーと思いながらも、4周回しかないので行けるところまで全開でw

2周目も20番前後でのパック、前には大渕さんが…ここについていかないといけないのはわかっているが登坂で離される。

後ろからはセイジ君・オガさん・小野寺健さんが追ってくる、いつもに比べればいい位置でのレースが出来てるが、ここで垂れるわけにはいかない。

cubさんからはいつものように‘呼吸・補給・姿勢‘の声がかかり、息を吐き、フィードでは積極的にジェルや水分をとり、掛水をして体を冷やし無駄なダンシングをしないで、体重をペダルに乗せることを心掛ける。

3人のフィーダーが良く見えるよう顔を出してくれ、大きな声もかけてくれるので迷うことなくドリンクやジェルを取ることができる。

また、コースのいたるところからの応援が聞こえ力になりました。

3周目は、ようやく師匠の合田さんの背中が見えてきて、何とかそこまで追いつきパックになってもう一個前の西山君・大渕さんあたりまで追いつきたいがラップタイムを見てもやはりここから少しタイムが落ちてきている。

4周目、前の合田さんとの差は縮まらないが、追ってる分後ろとは差が開いてきた感はある。

ここはとにかく前へ『プッシュプッシュだ』と思うも、小野寺選手がすごい勢いで追い上げて来てる。

何とか直登の登りまで逃げ切り、ミスをしないよう丁寧に下る…何年か前の全日本で最後の下りで國井さんに刺された記憶がよみがえってきた…。

最後の直登は出し切るつもりで登り切って何とか逃げ切り合田さんの次の18位でゴール。

この暑い中応援していただいた皆様、大会運営の関係者の皆様ありがとうございました。

そして、轍屋の仲間の応援があってここまで頑張れました、また来年楽しく走れるよう練習頑張りますので応援よろしくお願いいたします。

photo by 伊東さん・滝下さん・パンプクさん・さわのさん・園長先生

8/4 5 夏合宿

8/4 5は富士見パノラマで夏合宿を開催します。

鏑木さん主催、速く走る為の鏑木塾を開催します。

去年と同じく希望者が入れば自走部隊も作ります。
片岡は営業の為、富士見までは行けませんが、行ける所まで行って引き返す予定です。
今年のルートは笹子峠越えでしょうか?

参加予定の方は、轍屋のホワイトボードに名前の記入よろしくお願い致します。

TRP HY/RD 入荷致しました。

機械式ディスクブレーキを油圧ディスクへと変換するHY/RD入荷致しました。

油圧変換タイプでも最強と名高いHY/RD

機械式では効きが微妙、パットの減りによる引き代の調整も必要。
油圧式なら効き、コントロール性はバッチリ。
パットの減ってもピストンが自動で押し出されるので調整頻度は一気に減ります。

STIまるまる交換となるととても高価になってしまうので
こう言ったブレーキでリーズナブルに強化するのも一つの手段です。

安全に、速く、快適に下る為には、コントロール性が良く効くブレーキは必須であります。


定価 税込19,940-
一品限定轍屋特価!
価格はお問い合わせ下さい。

 

ATLを急に上げた時の反応を見てみる

パワーメーターをお使いの方ご存知重要なTSS(トレーニングストレススコア)
詳しい活用方法は途方も無く長くなるのでじてトレさんや


こちらでお勉強下さい。

要点だけまとめると
・1時間全力TTをした時にTSS100となる。
・1日にアスリートに必要なTSSは100TSS
・ワールドツアークラスの選手は150TSS

CTL (体力) 42日間 1日辺りのTSS
ATL (疲労度) 7日間1日辺りのTSS
CTL-ATL₌TSB(調子)

オーバートレーニングを防ぎ効率的に体力向上。
ベテランは感覚と経験でピーキング出来ますが
そうでない人でも日頃のTSSさえ分かればある程度出来る!
という物です。

 

最短でTSS100をこなすとなると毎日オールアウトするような全開TTを1時間すれば良い訳ですが
まぁ、そんな事が出来る精神力の方は数限られるでしょう。

感覚的には
気持ち良くサイクリング 1h/30tss
ミドル走           1h/50tss
ハードな練習                      1h/80tss
くらいで上昇して行きます。

ストイックな社会人アスリートで平日通勤やローラーでちょこちょこ積み重ね
週末にグループライドや距離乗って1週間700、というのが現実的に可能な線でしょうか。

 

ここからが先週実際にやった時のお話。
プロの真似事で1週間だけ疲労無視して1日150tss以上やってみたら果たしてどうなるのか?

ボロボロで全く走れなくなるのか、はたまた案外走れちゃうのか。

pwr5.4倍の自転車競技部の選手曰く
「短時間は落ちるけど長時間はあまり落ちない」
との事ですが実際の結果はいかに?


1週間 1200TSS 14000kj(カロリー)やってみてみました。
一日平均170tss。

正確な結果を得る為には走り出す前にキャリブレーションが必要。

第3世代stages powerは校正値890 ±50の値に収まっていれば
SRM等高価で正確なパワーメーター比と比較しても±1.5%の精度が約束されています。
この値が狂うと意味のない数値が出るので校正値を確認はとても重要。

実験の〆はいつもの土曜ロード練。
当然ながら寝起きから体がダルくヨレヨレで短時間は明らかにパワーダウン。
信号スタートの上げ下げも反応出来ず、準備運動区間の昭和橋までですら後ろで一人旅。
「皆さんさよーならー状態」

ただ一定ペースで踏む長い登りの出力は意外と落ちず20分NP340w 体重比5倍と上々
スプリントの出力は200w程ダウン。持続時間共に。

教えて貰ったのと同じような結果となりました。


年齢や個人差で反応は変わってくると思うので
色々試して遊んでみたい思います。

7/21 22の営業

21ロード練は暑さを避け5時轍屋スタート
9時〜10時戻り予定です。

22は全日本選手権応援の為休業となります。

ご迷惑お掛けしますがよろしお願い致します。

セラミックベアリング シールドベアリングのメンテナンス

クランクの回転が重い!

手で回してもとても重く10w位ロスしてそうな状態。
愛車のクランクの回転がこの様に重くなっていませんか?

 

そんな時はベアリングの状態を見てみましょう。


外したBBはセラミックベアリングでした。

 

 


シールを傷めないように専用ツールでシールを捲ります。
開けてみると真っ黒の古いグリスと汚れ。
シールは有機溶剤で痛んでしまうのでパーツクリーナーは厳禁です。
ベアリングはOK。
しっかり古いグリスと汚れを取り除いていきます。

 


洗浄後

 

 

洗浄したらベアリング専用グリス
タクリーノ「スーパーナチュラル」

僅か3gで2700円と言う最高級ベアリング用フッ素系グリスです。
タクリーノさん曰くペースト状のダイアモンドと呼べる位の代物。
低抵抗、水で流れる事が無く抜群の耐久性を誇ります。

 


先端が刷毛でペンシル状になっていて、塗りすぎを防ぐ為にカチカチとしたダイヤルで少しずつ押し出されます。
7~8回ダイヤルを回すと丁度よい量のグリスが出て来ます。
(塗りすぎると抵抗が増します)

 

 

再度丁寧に組み直しスムーズな回転になりました。

新品のセラミックベアリングを開けてスーパーナチュラルに塗り替える事で
ベアリングレースの損傷を防ぐ事も出来ます。
もちろんセラミックベアリング以外に使用してもOKです。

自分で作業するのが不安と言う方も作業のみの受け付けもしております。
お気軽にご相談ください。

ふじてんライドの一日

今シーズン2度目のふじてんへ自走MTB旅。

相棒は巨人の味方TREK stache
でっかい29plusタイヤをゴロゴロ転がし道志道へ


ダンシングでひょいひょい登るjokaさん

 


負けじと引っ張るYUKIさん

 


湧き水が美味い!
がぶ飲みしてお賽銭入れましょう。

 

 
道志川と山々

 

 


平日ながら集まって頂いた皆さんと合流してMTBをエンジョイ!
標高1300mで気温は25度、灼熱の下界より快適です。

NEWマシーン導入PさんMちゃん。
初ふじてんのAさん。
全く進歩が見受けられない自分とは裏腹に皆さんはどんどん上達していきます。

 

 
登りはゴンドラでスーイスイ。
皆さんは10本近くダウンヒル!
自分は4本でおなか一杯。

 


帰り道は第一曜日さんもご一緒して

 


ヒルクライムも楽しんで~

 


今朝の湧水場で火照った体を冷やし帰路へと付きました。

 


今回のグルメは富士吉田のうどん&カレーの欲張りセット。
旅にグルメは必要不可欠であります。

 


楽しいマウンテンバイクな一日でした。

 

 

日記を表示(月毎)
カテゴリー
最新の商品