Archive for the ‘近況報告’ Category

お盆

お盆真っただ中です。

土曜日はサイクリングロード走り、皆さんがMTBだった事もありちょこっとトレイル散策。
開店に間に合うように味奈登庵へ


富士山盛り+大盛どんぶり+食べきれない方のを頂いて満腹。
至福の時であります。

 


携帯を置いてきて自分のではありませんがつけ天大盛り。
量もさることながら美味しい!

 


翌日は道志道へ
雨が結構降っていましたが着くころには快晴になりました。
お盆休みで車とバイクで一杯です。

 

次の日は尾根幹単独走。

次の日は実業団選手達と道志道まで。
営業前に夏休み気分だけ味わっていますが、通常通り営業しております。

19日はお休みを頂き富士3PEAKSです。
参加の皆さん205km 5400mup 完走目指して頑張りましょう。

TREK WORLD 2019年モデル発表会

2018/8/8(水)

今年もTREK WORLDへ行って参りました!

 

会場へ入ると、ひときわ光り輝くバイクが…!

2019年エアロ戦争に向けてTREKが放つ、新型MADONE!

最初に写真を見たときはロゴでかっという印象でしたが

現物はめちゃくちゃカッコいい…!

 

新型になってディスクブレーキモデルとキャリパーモデルの2展開になり

キャリパーブレーキモデルはフォーク前面から内側に移動。

外観上更にスッキリしてメンテナンス性も上がりました。

 

 

ISO SPEEDがL型になりトップチューブ側へ移行。

スライダーで動作量を調整できて従来型より動作量が大きく

リバウンドダンパーが入った事で不必要な跳ね返りを防ぐ構造になりました。

 

 
中央には一際目を引くプロジェクトワンのラグジュアリーペイント、ICONを身に纏ったMADONE SLR

 


madone 15年の進化の歴史。

 

お次は注目アルミロード emonda alr

今年の注目モデル、重量1kg未満の軽量アルミフレームにR7000 105を搭載したemonda alr

継ぎ目の無い溶接、カーボンフレームと見間違うような立体的なヘッドチューブ

 

 

パープルに控え目のラメが入っている高級感のある塗装。

17万円には全く見えないコストパフォーマンスに優れる一台。

パーツ交換していけばアンダー7kgも可能なバイクです。

ディスクブレーキモデルもラインナップ。

初めてのロードバイク、いつかは競技も出たい!という方に一押しモデルです。

 

 

ツールドフランス、ステージ9の石畳ステージで勝利を飾ったデゲンコルブのdomane slrの現車も展示されていました。

  

ツールドフランスを走った生々しい跡が…

 

 

変わってクロスバイクコーナーへ

 
初めてのスポーツバイクに最適なFXシリーズ

FX1は他社を凌ぐ45,000-と低価格が魅力的。

しっかりシマノの3×7のドライブトレインが装備された入門クロスバイクです。

 

 

 

低価格帯モデルにもディスクブレーキが搭載されています。

 

 

こちらは70年代TREKを再現したFX LTD

ヘッドバッチとロゴが70年代TREKのデザイン。

アメサイドのタイヤにシルバー系のパーツ、レトロなスタッド打ちサドルが装備。

 

 

 

 

ツーリングバイクの520 discも大幅チェンジ

バーコンから通常のSTIになり操作性アップ。


頑丈なクロモリフレームはカラーリング変更とロゴが70年代風になりました。

前後キャリアを装備してツーリングレディな一押しバイクです。

 

グラベルバイクのコーナー
 

新登場したcheck point

グラベルバイクを使った次世代ツーリングスタイルのデモが展示されていました。

道を選ばないアドベンチャーツーリングスタイル。

想像しただけでワクワクします。

 

 

 

 

 

MTBコーナーには今期登場したfull stache

29plus に130mmストロークサス走破性は言わずもがな。

唯一無二の外観ですがショートチェーンステーで見た目以上に機敏な動きを実現しているとの事です。

 

TREKが今まで持っていなかった20万円代のフルサスバイクがFUEL EX5が登場。

フレームは上位EX8と同等アルファプラチナのアルミフレーム。

徐々にパーツ交換でグレードアップしていくのが楽しいフルサスバイクです。

 

  
展示会限定モデルのROSCOE8

ドロッパーシートポスト、1×12の最新ドライブトレインで139,000-

2019年モデルはNX EAGLEにより12速車の低価格化が進んでいます。

 

 

 

入門MTBのMARINがNEW MADONEと同じ大きいTREKロゴでワイヤーはインターナルへ。

 

個人的にシクロクロスのbooneに使ってみたいド派手なペダルが登場。

 

試乗コースへ行き試乗車を一通り乗り倒してきました。

残念ながら新型MADONE SLRは用意が無く、乗る事が出来ずに

旧型MADONEを周回コースで30km1時間乗り倒しました。

普段シクロクロスばかり乗っていてそれと比較するのも可哀そうですが…

速い!

空気の壁を破って加速していつも以上の速度域へ。

やはり旧型でもisospeedが効き、周回コースの荒れた部分でも衝撃はとてもマイルド。

只、体重のある自分がダンシングでガシガシ踏むと普段BOONEよりウィップするのが気になりました。

そこはリムでクイックのMADONE SL、ディスクでスルーのbooneの剛性の違いでしょうか。

新型ディスクMADONE SLRはどんな感じなのかとても気になります。

 

 

カタログ店頭に入荷しましたので気になるモデルがありましたらご覧下さい。

 

各2019年モデルのお得な特典を行っております。

完成車 8/14
PROJECT ONE 8/30

までにご注文頂くと早期受注割引させて頂きます
詳しい内容は店頭にてお尋ね下さい。

恐怖の深夜ライド

夏合宿の笹子峠までお見送りライド

出発は23時。


バラける事無く順調に距離を重ね

 


いよいよ今回の山場、笹子峠越え。

軽くタイム狙ってやるぜ!
街灯の無い霧の立ち込める真っ暗な峠道、エイヤと力を込める。
少し進むとペダルにギシッ、ギシッと音が…

 

 


誰か来ないかペースを落として後ろ振り返るも、自分のテールライトで真っ赤に染まる峠道。
気のせいだ!
恐怖の中踏み続けていたらごっそり抜け落ちるペダル…
見ると中のベアリングが粉砕。
今まで何もなかったのですが、よりによってこんな所でならなくても。
何か良からぬ力が働いたのでしょうか。

 

如何にも雰囲気を醸し出しているトンネル。
危険を感じ、潜らずに皆を見送って引き返すのでありました。

 

 


ペダリングもままならなくほぼ片足ペダリングで誤魔化しながら何とか帰還。

 

 

打って変わり本隊は、快晴の中順調に距離を重ね
夏合宿の地、冨士見パノラマへ無事に到着。
スポーツバイク初めて数カ月の女子高生も170kmを無事に完走する事が出来ました。

二日間楽しんできてください~

轍屋は夏休み無く通常通り営業しておりますのでご来店お待ちしております。

 

 

 

シマノバイカーズフェスティバルに行ってきました。

毎年恒例のシマノバイカーズフェスティバル、皆で楽しんで来ました。

60分XC、4時間チームエンデューロにエントリー。
毎年挑戦していた王滝の開催が中止になりモチベーションもダダ下がり。

気が緩み好き放題お菓子を食べていたら5kg近く増え、スネ毛もフサフサに。

朝一は数年ぶりの短距離系MTBレース

試走を1周して危ない所ないかチェック、アップは無しでスタート。
スタートと同時に先導のワークスライダーを追いかけ飛び出すのは、緑山で優勝していた上野選手。
意外にも調子も良く走れ2周目のシングルで追い付き声掛けると、スタート頑張り過ぎちゃったとの事。
追い抜きそのまま1位でゴール。
全日本チャンプの山本幸平選手や、ワークスライダーが後ろや横で走ってくれたりしました。

脚が攣ることも無く最後まで楽しく走れました。


今回は2run飲まずボトルは真水。
緑山のエンデューロの時はしっかり対策したのに、僅か20分位で攣ってたのは何だったのか。
たっぷり蓄え込んだエネルギーのおかげと言う事でしょうか。

次はお昼過ぎからのチームエンデューロ。
残念ながら台風の影響で2時間に短縮されましたが
上り下りの楽しいコースを知り合いや仲間を応援したりしながら皆で満喫。

 


初参加の方も沢山来てくれました。

 


運動したら温泉で汗を流して牛乳、〆に美味い物に限る!
台風の影響も殆ど無く、楽しいシマノバイカーズな一日でした。

ATLを急に上げた時の反応を見てみる

パワーメーターをお使いの方ご存知重要なTSS(トレーニングストレススコア)
詳しい活用方法は途方も無く長くなるのでじてトレさんや


こちらでお勉強下さい。

要点だけまとめると
・1時間全力TTをした時にTSS100となる。
・1日にアスリートに必要なTSSは100TSS
・ワールドツアークラスの選手は150TSS

CTL (体力) 42日間 1日辺りのTSS
ATL (疲労度) 7日間1日辺りのTSS
CTL-ATL₌TSB(調子)

オーバートレーニングを防ぎ効率的に体力向上。
ベテランは感覚と経験でピーキング出来ますが
そうでない人でも日頃のTSSさえ分かればある程度出来る!
という物です。

 

最短でTSS100をこなすとなると毎日オールアウトするような全開TTを1時間すれば良い訳ですが
まぁ、そんな事が出来る精神力の方は数限られるでしょう。

感覚的には
気持ち良くサイクリング 1h/30tss
ミドル走           1h/50tss
ハードな練習                      1h/80tss
くらいで上昇して行きます。

ストイックな社会人アスリートで平日通勤やローラーでちょこちょこ積み重ね
週末にグループライドや距離乗って1週間700、というのが現実的に可能な線でしょうか。

 

ここからが先週実際にやった時のお話。
プロの真似事で1週間だけ疲労無視して1日150tss以上やってみたら果たしてどうなるのか?

ボロボロで全く走れなくなるのか、はたまた案外走れちゃうのか。

pwr5.4倍の自転車競技部の選手曰く
「短時間は落ちるけど長時間はあまり落ちない」
との事ですが実際の結果はいかに?


1週間 1200TSS 14000kj(カロリー)やってみてみました。
一日平均170tss。

正確な結果を得る為には走り出す前にキャリブレーションが必要。

第3世代stages powerは校正値890 ±50の値に収まっていれば
SRM等高価で正確なパワーメーター比と比較しても±1.5%の精度が約束されています。
この値が狂うと意味のない数値が出るので校正値を確認はとても重要。

実験の〆はいつもの土曜ロード練。
当然ながら寝起きから体がダルくヨレヨレで短時間は明らかにパワーダウン。
信号スタートの上げ下げも反応出来ず、準備運動区間の昭和橋までですら後ろで一人旅。
「皆さんさよーならー状態」

ただ一定ペースで踏む長い登りの出力は意外と落ちず20分NP340w 体重比5倍と上々
スプリントの出力は200w程ダウン。持続時間共に。

教えて貰ったのと同じような結果となりました。


年齢や個人差で反応は変わってくると思うので
色々試して遊んでみたい思います。

ふじてんライドの一日

今シーズン2度目のふじてんへ自走MTB旅。

相棒は巨人の味方TREK stache
でっかい29plusタイヤをゴロゴロ転がし道志道へ


ダンシングでひょいひょい登るjokaさん

 


負けじと引っ張るYUKIさん

 


湧き水が美味い!
がぶ飲みしてお賽銭入れましょう。

 

 
道志川と山々

 

 


平日ながら集まって頂いた皆さんと合流してMTBをエンジョイ!
標高1300mで気温は25度、灼熱の下界より快適です。

NEWマシーン導入PさんMちゃん。
初ふじてんのAさん。
全く進歩が見受けられない自分とは裏腹に皆さんはどんどん上達していきます。

 

 
登りはゴンドラでスーイスイ。
皆さんは10本近くダウンヒル!
自分は4本でおなか一杯。

 


帰り道は第一曜日さんもご一緒して

 


ヒルクライムも楽しんで~

 


今朝の湧水場で火照った体を冷やし帰路へと付きました。

 


今回のグルメは富士吉田のうどん&カレーの欲張りセット。
旅にグルメは必要不可欠であります。

 


楽しいマウンテンバイクな一日でした。

 

 

真夏突入

土日はMTB&ロード練
人のいない早朝5時に森の中でちょこっとスキル練習。

スイスイ駆け抜けて行く橋口夫婦の走りは流石!
来週は全日本選手権、皆様応援よろしくお願いします。

 

そして美味しい魚料理が無性に食べたくなり…


翌日は小田原の魚市場へ朝飯を食べに朝5時に南下開始。

 


2時間位で早川漁港に到着しました。

 


西湘バイパス、伊豆半島をバックに一枚。

 


朝七時から営業している港の台所さん
メニューによりごはんおかわり自由です。
この為に朝バナナ一本だけで来たかいがあるってもんです。

 


朝から激渋の先生(注ノンアルです)

暑を避けての早朝なのに九時には既に灼熱。
猛暑の中参加頂き皆さんありがとうございました。

朝練を数字で見てみる

第3世代になって防水性、精度が更に上がったSTAGES power
久しぶりに生のパワーデータが取れたので、朝練をシクロクロスで走った時の数値を見てみたいと思います。

前日での声掛け&車の少ないのを狙い早朝5時スタートだったので
集まらないと思いきや思いのほか大盛況な朝練。

ザックリと各所の平均パワーを見てみましょう。
緑山 417w
真光寺 450w
連光寺 380w

1分ちょいの緑山と真光寺の2分位は先頭固定
連光寺は暴走機関車TGWさんの後ろで途中まで休ませて貰ったのでちょっと低め。

坂ではお迎えに行って合わせて登ったりしてるので
NPは下がりますがそれでも連光寺の時点のNP320w 体重比4.7倍

帰路はゆっくり溜まった乳酸を抜きながら帰宅。

FTP(1時間持続可能パワー)は3年前パワータップを持っていた時に計った値で
TSS(FTPで1時間走った時100となる数字)が合っているかは定かではありませんが
朝から1200kj(カロリー)、150TSS消費出来て何ともお得な気分。

安心してドカ食いをしたのは言うまでもありません。

パイオニアのペダリングモニターだとペダリング効率なんかも見れて更に酒のつまみになる事間違いなしであります。

ひと昔前はうん十万円していたのと比較すると手が届き易くなりました。

入れて数値出たからと言って速くなる物ではありませんが生かせば大きな武器になります。

導入した次は定番のコレですね。
轍屋で貸出ししているので気になる方はご一読下さい。

体育会系のノリでがむしゃらに走るのも良いですが
時間の限られた社会人サイクリストはこういったツールを使って効率よくレベルアップするのも一つの手段であります。

多摩ポタ

日曜日は僅かにパラつく生憎の天気でしたがサイクリングロードをポタリングしてきました。


180cm越えの二人に似合わない小径車でキコキコ。
いつも乗っているのbooneに比べるとスピードは出ないけど
それだけ沢山景色を楽しめます。

 


ブロックタイヤ部隊は人の少ないグラベルを楽しそうに走っていました。
(上から指を咥えるて眺めている所)

 


ちょっと小高いパン屋までヒルクライムをして到着。
生憎の景色ですがご褒美のパンをたらふく頂きました。
ご馳走様でした。

 

  

62km ave18kmでゴール!

自転車は小径、MTB、ロード、CX、E-BIKE
女子高生~おじいちゃんまでと見事にバラバラですね。
そんな事はお構いなし、皆で楽しめるのはスポーツバイクの良い所であります。

山形ライドお見送り

金曜日の夜は仕事が終わってから山形の大江くんちに行く皆のお見送りに宇都宮辺りまで。

集団での長距離ツーリングでは疲れる上げ下げは禁物。信号スタートもゆーっくり、一定ペースで淡々とが疲れないコツであります。

皆無事に山形へ着いて何よりです。

 

今週末は久しぶりの土曜日ロード練。

何処の峠に行こうかな〜(いつも同じルートだと只の練習会になってしまいがちなので最近は色んな所へ行き景色を楽しんみながら走っています)

 

日曜は鶴見川、多摩川ポタリングです。小径車で行くお散歩ライドなので、どなたでもお気軽にご参加下さい。ポタリングは7時轍屋スタートです。

日記を表示(月毎)
カテゴリー
最新の商品