Archive for the ‘近況報告’ Category

チェーンの交換時期

チェーンの交換時期は脚力や踏み方により大幅に変動します。
持たない人は1500km~持つ人は5000km以上。

そこでチェーンチェッカー。
この工具を使えば簡単に確認できます。

このようにチェッカーが入ると交換時期になります。
ケチって伸びたチェーンで走っているとカセットやチェーンリングも摩耗し
結局は高く付いてしまいますので、こまめな確認をお勧めしています。

お持ち込み頂きましたら無料でチェックしておりますのでお気軽にお持ち込みください。

究極まで伸びたチェーンに新品のクランクセット。
ピッチが合わず浮いています。
この状態で踏むと滑って大変危険です。
同じく新品のチェーン+摩耗したカセット、チェーンリングも滑りが発生して危険なのでご注意ください。

こまめなチェーンメンテナンス、チェーン交換が機材を長もちさせ、維持費の節約に繋がります。

シクロクロスで散歩

TREKのbooneに乗り始めて2か月位、そこそこ距離も乗れて体に馴染んできました。

リアisospeedはダンシングではリジット、シッティングではちょいサス
フロントisospeedは路面の衝撃の角を丸めてくれるのでアルミのCXに比べるとめちゃ快適です。

でも、オートマ戦闘機のフルサスepicと比較すると
暴れる、ギア足りない、滑る、と三重苦ですが
暴れるのは体のサスペンションを生かして、足りないギアはバイクの勢いを殺さないように、滑るのはペダリングを工夫して。
な~んて試行錯誤しながら、行けなかった所が行けるようになる工程がとても楽しいです。


40T 11-28で近所は大体行けるようになったので
今度はロード用に購入した46Tで行けるように精進したいと思います。

SNS映えする自転車シーンのカメラ撮影(スポーツ報知に三浦七福神ツーリングの写真掲載)

スポーツ報知に三浦七福神ツーリングが掲載
先日の三浦七福神ツーリングの模様は好評だったようで、あのスポーツ報知さんに取材を受けました。そして今日の紙面の特集コーナーに掲載していただきました。

最近のSNSブームもあって、各種SNSにツーリングの写真を載せる機会も多いと思います。
轍屋の仲間にはメディア関係やプロ級のカメラマンの腕を持つ人も多く、先輩方からよく撮影テクニックを教えていただいています。 続きを読む »

大雪の日は

テレビのニュース番組では
「大雪の為不要不急の外出は避けましょう」
なーんて連呼されていますが

アウトドアスポーツを楽しむ一人としてこんな最高の機会はありません。
「マウンテンバイカーは大雪の時こそ外出しましょう」

泥除け付けて、空気圧下げて、フラットペダルに変えて、長靴履けば準備OK!
ブロックタイヤのおかげで3~40cm位の積雪ならなんのその、五感を生かして突き進むのみ。
なんて事ない普段の道がバランス、ペダリング、パワーが全てが問われるステージへ。

最高に楽しいスポーツであります。

ロード練後のパン屋さん

1/20土曜ロード練、ほんの少し暖かくなって来ました。

今日は汗を流した後にぴったりなパン屋さんのご紹介をしたいと思います。

町田市図師町にあるパンステージ エピソード。
ハード系のパンに定評があり看板パンはじゃこパン
ですが個人的なオススメの

30cm超のロングチョリソー
300円でおなか一杯になれます。

 


上を向いて行きましょう。

サイクルラックも完備

 

 


ひと汗流した後にいかがでしょうか?

今年も一年間ありがとうございました

2017年も轍屋自転車店をご愛顧頂きありがとうございました。


走り納めと言う事で今年最後にぶらりと湘南へ
年内は本日を持ちまして営業終了になります。

 

 


毎年恒例の高級中華?忘年会で久しぶりのアルコールは効けました。

また来年も皆さんのサイクルライフのお手伝いさせて頂きますので
変わらぬご愛顧よろしくお願い致します。

年始は5日からの営業となります。

Rapha festive500

何やらrapha festive500 という大晦日まで8日間で500km走ろう

達成したらバッチあげるよ!と言うイベントをやっているみたいなので参加してみました。

参加と言ってもただアプリで参加ボタンポチッと押すだけなのですが。

その話をツレにしたら今度からあだ名は「ラファお」だな!
と罵られましたがミーハーなので良いんです。

先日は休みで女子ライド(とは言え実業団選手)に誘って頂き、混じらせて貰い根布川へ
境川CRは道幅も狭く歩行者も多いのでのんびりサイクリング。

海岸線は信号も少なくなり安全なので、気持ち良い速度域までペースアップ
40キロちょいペースでローテしてくれるのでにバビュンと小田原まで。

目的地のサドルバッグまでヒルクライム。
ちょっと長めの絶景ヒルクライムスポットです。
軽~いシクロクロスbooneのおかげでサクサク登ります。
ヤビツ30分ちょいで登る選手と同じペースで登る事が出来ました。

raphaっぽい写真パチっと。

お勧めはシーフードカレーとの事で食べてみました。

1分位で完食、美味いカレーは飲み物です。

 


通勤等と合わせて後200km位。
今夜は海まで遠回りして帰宅しようと思います。

皆さんも参加してみてはいかがでしょうか?

 

12/28追記

浮島から見える夜の羽田空港です。
110km 700up

2018 TREK 新型BOONE 導入

新機材導入しました。
2018年モデルのTREK BOONE5

シクロクロス覇者スヴェンネイスが駆るモデルと同じフレームなんです。
そんなフレームの完成車が、コンポが違えど30万後半と言うBOONE5


ネイスに「完璧だ」とまで言わせるスーパーバイク。
そんなバイクに僕がどうこう言えませんが1000km程乗ったので
一般サイクリスト視線で見て行きたいと思います。

モデルチェンジ前は後ろのみだったISOSPEEDが今回デュアルISOSPEEDになりました。
 

フロントISOSPEED動作イメージ

リアのISOSPEED動作イメージ

エンデュランスロードdomane sl slrに採用される構造で
パヴェを制するためにカンチェラーラが開発に携わったシステム。

しなりにより体に伝わる振動が大幅に軽減されます。
ツーリングメインの自分には恩恵が大きく、疲れが少なく沢山走る事が出来ます。

連日乗っていると疲労が溜まってきて疲れてきたな~
と感じる所が、あれ、なんか今日も行けるぞ。という感じ。
振動=疲労なんだなと乗ってみての実感。

タイヤも太いのでツーリング中ちょっと楽しそうな脇道を見付けると、つい飛び込みたくなります。

 

重量も軽くペダルレス完成車重量で8.4kg

ハンドルをカーボンハンドルのxxxで更に振動軽減と軽量化

サドルはセラーノRXLへ
リーガルを彷彿とさせるクラシカルな形状のサドルで
ネイスが使っていると言うミーハー心だけで導入。
サドル後部のせり上がっているので後ろに座りせり上がりに尻を引っかけ
トルクで前に前に踏むと気持ち良く進むサドルです。

久しぶりの穴無しサドルで陰部の痺れが心配でしたが
不思議と長距離乗っても快適でした。(個人差があると思います)

 

一番走りに関わるホイールはカーボンクリンチャーのaeoros pro3
カスタムしてペダル込み8kgフラット
流石CXレーサー、32cでもサクサク登ります。

ヘッドがdomaneより短いのでアグレッシブなポジションも可能で
タイヤさえ25c等細くすればロードと遜色のない走りになります。

 

サイコンやライト類はblenderでハンドルに一切クランプさせる事無くスッキリ。

コンポはフロントシングルコンポのスラムrival 1
チェーンリングの交換は3分もかからず。
ロードの時は46tの11-28
トレイル走る時は38Tの11-28と
気軽にフロントのチェーンリングを変えて遊んでいます。

これからツーリング、ロード練、ポタリング、里山ライド等々
メインバイクとして色んな所を沢山走ろうと思います。

富士と湘南とBOONE
来年はちょこっとレースも出れるかな?

眠れない夜は

今週の水曜日は休みなのに殆ど運動零で過ごしたせいか全く寝付けない。

やっと寝付いても起きて時計を見ると午前3時。

ちょっくら走ろう。と思い上野原方面へ。

王滝が終わって不摂生していたらあっという間に太ってしまったので
朝食抜いて補給もショートボトルに水だけと決めてNEWシクロクロスバイク booneで出発。

心拍70%~80%位で上げ下げせずに淡々とダイエットライド。
胃がキュンキュンして徐々に力が入らなくなり燃えてる脂肪を感じながら。

 

 

遅くなりましたがNEWシクロクロスを導入しました。


写真はちょっと前に湘南へ行った時の物です。

シクロクロス覇者スヴェンネイスが乗るバイクと同フレーム。
今年フルモデルチェンジされたTREK BOONE
機材インプレはまたの機会へとしまして。

走った結果2kg軽量化に成功。
 

帰り付いたら出勤まで快眠。
生活に運動は必須ですね。

 

ナイト三浦1

ちょっと前ですが王滝前と言う事で、皆で長距離走ろう!と夜に三浦1した時のネタを。

集まったのはエリートシェフ、剛脚かむさん、カテ3たかし。先日房総半島でへろへろになりブロックタイヤで行く予定を急遽変更してロードで。

皆仕事後集まり20時過ぎに轍屋をスタート。信号の多い横浜は避け海軍で南下し、横須賀に抜けるルート。

三崎まではCXのシェフには後ろでお休み頂きロード部隊のかむさんとローテしながら。

新兵器投入のflux expert

1200ルーメンの爆光ライトですが1度背面のリフレクターに照射して上部をカットするように照射されるので、対抗車や歩いている人も眩しくありません。勿論明るく街灯の無い夜道でも安心して走れます。

折り返して鎌倉まで戻って来る頃にはかむさんが消えシェフとサシに。苦手な登りは引いて貰い、逆に平地は引き、と無事に青葉台に帰還。

帰りつく頃には深夜過ぎ。

王滝が11月にズレ込んだのでまたやりたいな〜と思い返すのでありました。

日記を表示(月毎)
カテゴリー