Archive for the ‘レース&トレーニング’ Category

4/13 ロード練は

明日のロード練はロングクライム耐性を付けるべく

宮ケ瀬→裏ヤビツ→宮ケ瀬ルートになります。

普段は5分以内の登りが多いロード練ですが違った刺激を体に入れて行こうと思います。

長ーい登りが苦手と言う方(僕も)登って克服しましょう!

 

MTB緑山 FESTIVAL 3時間耐久ペア レースレポート YOKO

4月1日 緑山MTBフェスティバル❗️
…に参加してきました。
レース会場の緑山スタジオは、自走でも15分で行ける地元の大会。
今回は、お世話になっている轍屋のメンバーも沢山出るという事で応援に行くと決めていたのですが、やっぱり出ようかなぁ…とギリギリまで迷っていました。
出るか!と決めてお互いあぶれた旦那とのペアでエントリー。
アットホームで家族も子供もマウンテンバイクに乗り始めた人も皆んなが楽しめる大会。
緑山でのレースはJ2の開催時や、初めて出たMTBのエンデューロで出場した事があります。
今回、やっぱりエントリーして良かったです。
コースレイアウトはコーナーも多くタイトで激坂ありの変化に富んだなかなか難しいコース。
数年前まで、押したり乗れなかったり転んだり…のセクションも今はクリア。
試走時間も楽しくフルに走ってレーススタート!
スタートは女性なので私から。
スタートから暫くは、つまって押し降りのレース展開。
何とも楽しくて笑いながらのスタートでした。
ちびっ子達も頑張って走っていました。中盤あたりから、流れ出したのでしっかり走る事も出来ました。
レース中も知り合いや友達が沢山。
地元でこんな楽しい大会を開催して下さった運営、スタッフの皆さん。ありがとうございました。
そして楽しい大会の中でも、一緒に練習してくれた合田さんのアドバイス、朝練に付き合ってくれる轍屋 片岡君ユキちゃんのおかげで走りに確認できた事もありました。
ありがとうございます!
轍屋メンバーの皆さん、朝からテントを張ってくれたりお昼の段取りをしてくれたり、応援に来てくれた方々もありがとうございます!
ピットの交代を理解してなくて、ペアの人に逆切れしてしまった場面もありましたが無事に?ペアで優勝でした!
写真は、轍屋カメラマンの城下さんより。
他にも、沢山の写真をありがとうございます。
あー楽しかった。

轍屋期待の若手も堂々3位に

試走だけど、お気に入りの1枚

緑山MTBフェスティバル行ってきました。

もっとも近場のMTBレース「緑山MTBフェスティバル」

お休みを頂き行ってきました。

参加する方以外にも観戦、やきそばにと
30名以上轍屋テントにお集まり頂き大いに盛り上がりました。

何だかんだしていて自分で撮った写真はこの一枚のみでスミマセン…
数々の差し入れありがとうございました。

 

そろそろ5月王滝に向けてサラ脚には戻さず毎日走る時期。
緑山もフィットネスを上げれる良い機会。
前日も土曜ドーロ練を走り調整等はせずに、3時間をソロで楽しみました。

最初は体も調子良く動き前の方で走れてたのが
早くも2.30分辺りからピクピク攣って止む無くペースダウン。

心拍150位に落として攣らない様に走ってたけど、それでも中盤完全に両腿が攣って強制停車。
リタイアを考えたけどボトルの水飲んで数分休むとなんとか脚が動かせる様に。後はサイクリングペースで時間一杯楽しみました。

スポーツを楽しむ皆さん。
当たり前ですが水分、ミネラル補給は大事です。

結果はどうあれ普段攣らないのが攣るって事は
思惑通り良いトレーニングになったと言う事でしょう(笑)

1カ月後はいよいよSDA王滝。
コツコツフィジカル上げて今年も去年の己を超えられるように。
まずは早起きからですな…

MTB FESTIVAL 2018 3時間耐久男女ペアに参戦 HASHI

3年ぶりに復活した轍屋の地元のMTB FESTIVALに参戦してきました。

今回は、初めて夫婦でエントリーして、お店のみんなと楽しくレースをしてきました。

とはいえ、CJも来月には始まるののでそこはあまり”ガチ”にならないようにといっても、レースペースでしっかり追い込まないと…。

ということで、朝の試走からガッツリ1時間半走らせてもらいいい感じでアップも完了しキッズのレースを見ながら、木村さんが用意してくれたバナナで補給をしながらのんびりしました。

第一走者は、YOちゃん。こちらも1時間しっかり走ってレース勘を取り戻すべくいい感じで追い込んでいてもちろんトップで交代。

その後2時間きっちり走らせてもらいました。

あまり練習ができてないので、3時間ソロの竹谷さん・OGAさんなんかには抜かれるも心拍も170~180をキープできてみんなの応援のおかげもあり優勝できました。

 

いつもは一緒に走らないチームのみんなにも、自分のできる限りのアドバイスなんかもできたし、こうやってみんなでワイワイとレースするのも楽しいですよねw

3位になったまどかちゃん・まこと君たちも頑張ってレースしてたし、良かったです。

レースの後は木村さんとcubさんが用意してくれた焼きそばで、これまたワイワイ楽しくレースの話なんかで盛り上がれましたw

 

 

 

 

 

秦野MTBチャレンジ2018へ…チャレンジしてきました!

はじめまして、teamわだちや!!のユキと申します。

今後、こちらのブログにちょこちょこ現れるかと思いますので、どうぞ宜しくお願いします!

 

そして記念すべき?初投稿は…

 

はだのMTBチャレンジ2018!!!

 

今回初開催となった大会。

気になっていた方も多いのでは?と思い、詳細をご紹介します!

 

場所は、神奈川県秦野市の林道。ヤビツ峠のすぐ近くです。

東京・神奈川の人には、比較的近くて有難いですね!

受付・駐車場は、秦野市表丹沢野外活動センター。

受付。

この写真を撮ったあと、受付の横に蕎麦などの出店もありました。

受付で、ゼッケンやエントリーリスト等を受け取ります。

5周回するエキスパートレースは予想通り?女子ひとりでした…

受付・駐車場からの眺め!

開放的でいい眺め~(^ω^)

 

ちなみに↑にも写真を載せた、秦野市表丹沢野外活動センター 研修棟が、一部利用可能となっており、

更衣室、お手洗いが用意されてます。

個人的に、レース会場で暖かいトイレに入れることが嬉しかったです(笑)

バイクの準備はバッチリ!

バイクは…ね…(後に痛い目をみる)

 

そして今回の重要なポイント!

☆駐車場からスタート地点までが遠い

いや、距離でみるとそれほど遠くないのですが…傾斜が!!

乗車で上れなくもないですが、レース前に脚を使いすぎるので、押し歩くことをオススメします(^^;)

私たちも押し歩いたり休憩したりで、50分かかりました…。

そう、既にMTBチャレンジは始まっているのです…。

↑ここからスタートに立つまでのチャレンジが始まる…

ちなみにここが最後のトイレです。

スタート地点には無かった…次回、仮設を設置してくれることに期待(^^;)

乗れる傾斜、押した方がいい傾斜とあるので、アップに調度いい!?

 

 

のんびり上り、無事到着!

すでに少し達成感~(笑)

 

肝心のレースはと言うと、

1周回約5kmを

1周するチャレンジレース

3周する3Loopレース

5周するエキスパートレース

「5周でも25km?王滝の四分の一?余裕じゃん!」

と思っていると、後悔します…

3Loopレースの第2グループに参加する仲間を応援!

 

ちなみに、実はここはスタート地点ではなく、

エイドステーション。

map

少々分かりにくいかもしれませんが、駐車場から道なりに上るとエイドステーションに着き、

ここに参加者は集まって、時間になったらゆっくりスタート地点に向かうという流れ。

なので、応援の人はリアルスタートは見れないのだった。。

 

スケジュールだと、第2グループのスタート時間は11時。

しかし、予定よりもかなり時間が押していました。

初開催とあって、未知数な部分も多かったと思います。

結果をみると、トップのエリート選手で、1周20分少々。

ところが、チャレンジレース(1周)の予定時刻は9時~9時半と、30分で終わる予定になっていました(^^;)

それにより、3Loop第2グループはエイドステーションを出発したのが11時で、

リアルスタートは11時45分となりました。

スタートを待ってる間、さぞかし冷え切ったことでしょう。。

エイドの少し手前に計測地点があるので、↑は1周目を終えて2周目に入ったところ。ファイトー!

 

そして、にわかにざわつく

「エキスパートクラスは、何時に始まるんだろう?日が落ちる前に終わるの?」

 

そんな心配をしていたら、やむを得ず?3Loop第2グループが走ってる最中に、召集、スタート地点へ。

エキスパートクラスは、スケジュールでは12時半スタートのところ、13時15分にスタートとなりました。

 

スタート直後は、まず舗装路の上り。

この上りがまた、いきなり傾斜がきつく…距離は短いけど、ここでかなり集団がバラけます。

事前に高低差を見て、集団で下りに入ったら危ないなぁと思っていたので良かったです。

 

そして上りきったあとの下りから、ダートへ。

王滝のようなコースをやんわり想像していましたが…

王滝よりも傾斜がきつく、砂利も深め。

しかもコーナーは、ほぼヘアピンカーブ。

なので、スピードを出し過ぎると、下手したら止まり切れずコースアウトしてしまうかもしれません。

↑仲間が撮影していたGOPROより。

 

下りを終えると、今度は少し緩め…いや、決して緩くはないのですが、全体からすると(笑)緩めな舗装の上り。

ここはペースを落とさないで、水を飲んだりしつつ、コース内で唯一のシングルトラックへ。

と言っても、ほんの一瞬なのですが、これまた傾斜がえげつないw

後輪ぎりぎりまで腰を引かないと、前転必至。

 

そして緩やかに?ダートを上り、最後の難所へ。

ここのコーナーでいっぱい応援してもらって、嬉しかった~!

写真もありがとうございます!

けど実はここのコーナーも砂利が深くて、意外に滑るからアタフタ(笑)

 

ここから一気に傾斜がきつくなり、前輪が浮くのを抑えながら、なおかつタイヤが空転しないように丁寧にトルクをかけて回す。

一度降りてしまうとリスタートは難しいし、歩く方が体力を消耗するので、ゆっくりでも出来るだけ乗るように意識。

↑もはや苦行となっている様子…(^^;)

 

そして難所を上り切ったら、計測地点を通過し、エイドへ戻る、というコース。

 

↑周回コースなので、エイドにマイボトルを置いてササっと交換するパイセン。

私はショートボトル1本しかなく、水を節約してたら腹筋がピキピキ攣りかける。。

さらに9時40分に駐車場を出発して、何も食べ物を持って行かなかったので、レース中おなかペコペコ…

ナメてかかったしっぺ返しですね…猛省m(__)m

 

1周目は「これ5周もするのかよ…」と絶望的な気分になりましたが、コースが分かってくると意外に淡々と走れて、無事に5周完走することができました!

タイムは2時間46分。

タイムでみると、王滝42kmくらい?

普通に補給が必要なレベルでした…。(お守りで持ってきたジェル1個はレース前に飲んでしまったw)

 

フィニッシュ後は、のんびり来た道を戻り、駐車場脇に設置された表彰台へ。

スタッフさんの人手が足りず、ひとりで進行・贈呈・カメラをされていたのがアットホームで面白かったです(笑)

今回も?完走率は低かったらしく、女子で完走したのはひとりだったようです(^^;)

 

賞品で頂いた、木で造られたオーナメント!

すごい可愛い♪♪

 

と、結果的に達成感もあって、次回はもっと盛り上がってほしいと思うレースでした!

たった25km~?物足りない!と思って二の足踏んでいた方も、安心してエントリーして下さい(笑)

きっと来年はさらに楽しいレースになることでしょう♪

パワースポーツさんの容赦ないところが最高です\(^o^)/

スタッフの皆さん、初開催で大変なのにいっぱい応援して頂いて、ありがとうございました!!

 

そして、この記事を読んで下さった貴方!!

次回、5月の王滝でお会いしましょう♪♪\(^o^)/

湘南シクロクロスに行ってきました

1年ぶりになっちゃいましたが湘南シクロクロスに皆で参加してきました。

受付をして試走しながらあーでもないこーでもない、とコース攻略や空気圧調整。

   

そして皆が参加するクラスの応援。
普段一緒に走っている仲間の応援には熱が入ります!

女子上位カテゴリーCL1に初参加のyukiちゃんは優勝を飾ってくれました。

そしてカレーを食べてお待ちかねの80分エンデューロ。
上位カテゴリ選手、ソロ、チームもごちゃまぜの無差別級クラス。
号砲が鳴りホールショットGET!するもコケて転落…

頑張ってトップに追いつき。

二人パックで走ります。

相手は二人組チームみたいなのでソロの自分の勝機はピット交代か!?
と思うも交代後も2コーナー位ですぐ後ろに付かれ
思いのほかピット交代がロスが少ない。

パックでスピード殺さないようにコーナー、ダッシュ、コーナー、ダッシュの繰り返し
40分辺りで慣れないインターバルに耐え切れず、脹脛が攣って無念の脱落。

後はポカリ飲んで誤魔化しながら走ってゴール。

 

楽しい時間はあっという間に過ぎ去って行くのでありました。

 

ちゃっかりソロの部1位、総合2位のお立ち台GET!

参加、応援の方々お疲れさまでした!
また次も楽しんで行きましょう~

 

使用機材等々

TREK BOONE5
タイヤ challenge grifo 1.8bar(クリンチャー)
コンポーネント SRAM RIVAL1 46T 11-28T

サスの無いCXは衝撃吸収してくれるのタイヤと体のサスペンションだけ。
なので0.1barとかの空気圧の変化でも走りがガラッと変わります。
今の体重(68kg)で1.8barは路面の凸凹を均一に馴らしてくれ
コーナースピード上げても安心して曲がれピッタリでした。

ただクリンチャーで低圧にすればリム打ちパンクもし易くもなるので注意が必要。

セッティングやライン取りを考えて攻略していくのもシクロクロスの醍醐味ですね。

2/18はシクロクロス参戦の為臨時休業となります。

2/18は湘南シクロクロスに参加の為臨時休業となります。

最終戦の開成はトリに80分エンデューロがあります。
自分は沢山走りたいので80分エンデューロを贅沢にソロで楽しみたいと思います。

 

ロード、MTBシーズンイン間近という事で夜明け前からのフィジカルトレーニング。

良い感じで定例に出来ている平日ドーロ練。継続して上げて行きたいですね。

とタイヤ変えて1カ月、ほぼセンタースリックになりました。


成果はいかに!
参加の皆様楽しみましょう!

1月21日 JCX#11 愛知牧場 レースレポート  hashi

Class : カテゴリーC1
Result : 17 th
Bike : GIANT TCX ADVANCED PRO (S)
Wheel : ENVE Tublar
Compo : SHIMANO 105
Gear : 38t x 11-32T
Tire :A.Dugast  F,Typhoon R,Pipistrello 1.70bar

先週に引き続き、今週もレースへ参戦。

2月のお台場でエリートで走るべくJCXの愛知牧場へ行ってまいりました。

しかし、行きの車で5位以内に入らないと厳しいことがわかりやる気はダダ下がり…。

今回は、当日入りにしたし朝の試走もパス、レース前の30分で試走してそのままレースという流れで初めての経験。

到着して、ささっと準備してコースを歩いて回って要所をチェック、昨日も同じコースでレースがあったので昨日も走った人にポイントなんかを聞いてお昼の試走に備えました。

いつも通り、合田さんと斎藤さんと試走を走り短時間でコースを頭に入れる…。3周ほどして召集。

 

あまりポイントもないので4列目からスタート。

スタートはまずまず決まり20番手後半でバームに入り、序盤は突っ込み気味に前を追う感じで1周目終了ぐらいで20番手までジャンプアップ。

 

 

MAX体重で体は相当重いのに、GIANT TCX とENVEのホイールのおかげでのぼりでアドヴァンテージがあり、中盤まで20番手をキープ…このあたりのメンバーだとやっぱり、抜きつ抜かれるの感じでなかなか前に行けないですが、徐々に垂れてくる選手を抜きながら後半は15・16・17番手ぐらいを走行。

 

ラスト2周ぐらいでパンクで出遅れた斎藤さんに抜かされ、ものすごいスピードについていけず最後は17位でフィニッシュ。

 

残念ながら5位には遠く及ばな足ったですが、出し切れました。

出し切った後は、BUCYO COFFEEでプロテインを投入w

 

ということで残念ながら、お台場は土曜日のC1で出場いたしますので応援に来てくださいなw

何とか3位以内を取って日曜日も出たいな…でもビール飲んで観戦も捨てがたいなw

 

 

ロード練後のパン屋さん

1/20土曜ロード練、ほんの少し暖かくなって来ました。

今日は汗を流した後にぴったりなパン屋さんのご紹介をしたいと思います。

町田市図師町にあるパンステージ エピソード。
ハード系のパンに定評があり看板パンはじゃこパン
ですが個人的なオススメの

30cm超のロングチョリソー
300円でおなか一杯になれます。

 


上を向いて行きましょう。

サイクルラックも完備

 

 


ひと汗流した後にいかがでしょうか?

1月14日湘南シクロクロス第二戦 レースレポート 橋口

Class : カテゴリーC1
Result : 6th
Bike : GIANT TCX ADVANCED PRO (S)
Wheel :  ROVAL SL Tubeless Ready
Compo : SHIMANO 105
Gear : 38t x 11-32T
Tire : IRC SERAC CX 1.80bar

 

今年からこちらの日記でできる限りレポートを書いていこうと思ってますので、お暇なときに読んでいただければと…。

近場で開催される、地元レースな湘南シクロクロスに参戦してまいりました。

第2戦の開成公園は河原の土手をうまく使う、平坦基調ながらもテクニックとフィジカルが試されるレース初心者から、トップカテゴリーまで楽しめるいいコースです。

近場ということで朝の試走から行こうと思うも寝坊して10時ごろ到着、谷さんや小田島さん・島中先生の応援をしながらのんびり試走までを過ごし、レースが2:20からなので2時間ほど前にお昼ご飯(消化のいい炭水化物かいいですね)おにぎりを2個ほど食べて、12時から試走へ。

芝が多めの平坦基調なので、前後ともともにIRCのSERAC SANDを1,65BARで試してみるが意外と、芝でスリップしやすく少し泥の出ているところでも気を使いそうなので、テクニックのない自分はレース本番はSERAC CXで行くことにしました。

更に、タイトなコーナーが多くタイヤのよれるのも気になったため、空気圧も1.65BARから1.8BARへ変更しました(体重も少し?増えたこともあり)。

当日の試走はやることがたくさんだけど、CXのレースはこの下準備がとても大事w

1:00過ぎにアップを開始、CXのシーズンは寒いのでローラーでのアップがいいのですが、今回は持ってこなかったので実走で河原のサイクリングロードを30分ほど。

心拍を150で回して、2~3回インターバル170ぐらいまで上げて刺激を入れる感じでアップ完了。

30分前にジェルで最後の補給をして召集時間。

スタートはJCXランキングのおかげで4番の最前列でスタート。

1周目は6番手ほどで通過し、その後はミスを最小限に淡々と周回を重ねることに、練習仲間の合田さん・斎藤さんははるか彼方へ行ってしまい、4・5・6・番手行ったり来たりしながら後半へ。

少し後ろにはTSUZI君もちらほら…

GIANT TCX ADVANCED PRO  3人組

自走で応援に来てくれた政井さんや、久々の上原さんとおっきーの応援にやる気もMAX、いつもフィードしてくれる谷さん・ぐっさんにはサービスで「笑顔を」w

最終週に若干7位まで落ちましたが、何とか巻き返して6位でフィニッシュしました。

 

 

来週はJCX 愛知牧場へ参戦してまいります、応援よろしくお願いします。

Photo by yuya Yamamoto

 

日記を表示(月毎)
カテゴリー
最新の商品