Archive for the ‘レース&トレーニング’ Category

朝、氷が張っていたら

某○○イズミさんのキャッチフレーズの丸パクリですが
昨日は前日の雨が凍ってツルツル。
漕ぎは重くなるけど安全第一で空気圧を2.5barへと。
それでも下りでペダリングするだけで後輪からスライド。
危ない危ない。
安全第一の一人ロード練でした。

       

今日は湘南方面へマウンテンバイクで湘南サイクリングへ。

 

朝御飯抜いた分美味しいパンが進みます。

 

珍しい野菜が並ぶ、鎌倉の野菜屋さん
皆さんお土産を物色します。

  

お野菜背中に帰路へと付くのでありました。

  

 

 

 

 

ロード練

毎週定例の土曜ロード練は冬コースになりました。

先週はロード、CX、MTB、車種関係なくいい汗かきました。

 

今日は実業団E1選手も来てくれ自然と心拍もアップ。

 

途中合流、途中離脱の方も含め9名での練習会となりました。

冬コース初めての方も来て頂きコース案内しながら
登りが速い人はピストンしたり、最後まで皆で楽しく走りました。

集団走行した事ないし。付いて行けなさそうだし。。
と心配している方もお気軽にご参加ください。

 

2017 11月王滝レポート

9月王滝が台風により中止になり代替えで開催された11月王滝に行ってきました。

寒さにより安全が考慮され120kmも100kmも同一コース同一周回になりました。

初の11月開催で氷点下が予想され、ウェアを中心に対策をしました。
ヘッドウォーマー、インナー、メリノレイヤー、起毛ジャージ、ジャケット、メリノソックス、ゴアソックス。
グローブだけ冬用か秋用か最後まで悩み、操作性と補給の取り易さ取って秋用で出陣。

スタート時のガーミンの気温表記は既にマイナス5度。

そしてスタート。
まずは先導車が付くパレード走行。
先導車がいいペースで登りを引いて体が温まる。
目の前にはプロライダー達の壁。

先導車が外れリアルスタート。
登りで一気にペースが上がりトップ集団に付いて行く。
橋の上が凍結していて宮津選手が落車。
いつもはどう頑張ろうが、直ぐに見えなくなる池田選手や山中選手が目の前に。

まだ脚は回るし今日は行ける日なのか!と先頭に出ると言う暴挙に。

当然ながら明らかなオーバーペース、僅か1分位で先頭集団に抜かれました。

少し離れて前を走る山中選手が見えて何処まで背中を見れるかと言う挑戦。
スタート後50分位で見えなくなり、そこからは殆ど抜きつ抜かれつとかも無く
寒さとトラブルとの戦いが始まりました。

高度が上がるに連れ深くなる雪。
車が一回だけ通ってくれていて、車のタイヤ2本分だけ踏み固められてそこだけ走れ
ちょっとライン外して雪の縁に当たると埋まる状態。

そして訪れる第一のトラブル、ボトルの水が出ない。
高度が上がりガーミン読みマイナス9度。
ボトルに入れた真水が凍って全くでない。
そういえばどこかで糖質の入った水分は凍りにくいと言う話を思い出し、立ち止まって
ボトルにジェルを溶かす。出は悪いながらも振って溶かしながらなんとか給水出来るように。

第2のトラブル、変速トラブル。
最初の下りでトップに入れている筈がやたらとギアが軽い。
見るとトップ側から4番目以上に上がってくれず、恐らくカセットのトップ側が凍っている状態。
プーリーも凍っているのか、なんとか使える軽いギアでもゴロゴロと酷い音成り。
止まって氷を取ってもまた直ぐなるだろう、と使えるギアで最後までゴロゴロ言いながら進む事に。

第3のトラブル、ソックスの中が凍る。
3周目辺りからつま先が圧迫され何かと考えたら
泥溜まりに突っ込んだ時に裾から入って来た水が寒さで徐々に氷へ。
出すのもめんどくさいから気にせず走り続ける事に。

第4トラブル、指が動かない。
操作性重視で15℃対応のグローブに変えたのが裏目に出てしまい
下りの度に痺れて指が動かなくなりました。
下りながら手をグーパーして解凍しながらのダウンヒル。
やっとの思いで取り出したポッケのグミを口に頬張るも、硬くて噛みきれず補給断念。

第5、腰痛。4周目で腰痛が耐えられなくなり押して休む事2回、5周目で1回。

寒さによるトラブルは参加者殆どが出ていたのではないかなと思います。
それと後から聞いた話、安全の為に厳しくなった関所設定で完走率15%だったとか。

と、そんなこんなで景色と非日常的な環境を楽しみ苦しみゴールゲートを潜る。
100km総合表彰枠内の6位フィニッシュ。

思い起こせば20歳半ば辺りから毎回出場して、靴を忘れてスリッパで走ったり。
シートポストがズリ下がり気付かず走り膝が崩壊。
リタイアだけはしたくなく第1CPから120km最後まで押して走ったり(タイムアウトで完走扱いにはならず)
とかもあったけど、やっと120km選手を含む表彰台まで30分位の所まで近づけました。

ホンの一瞬だったけど先頭で見えた景色は夢か幻か。

そうそう、残念ながら好物の王滝食堂のステーキ丼がメニューから消えていて名物猪豚丼を頂きました。
とても美味しく今度は猪豚丼と景色を目当てに車で遊びに来ようかなと思います。

9/16 ロード練

轍屋に新しく入りました島崎です。

現状は土日いずれか、2月からフルタイムで入る予定です。

どうぞよろしくお願いします。

まだIDがないので、片岡のIDで書き込ませていただきます(^^ゞ

 

とりあえず、昨日のロード練

ファミマで休憩

S下さん合流♪

宮ケ瀬湖到着

私初めて来ました。超怖かったです(^^ゞ

ちょびっと観光♪

遠くの方に

ランドマークタワー(らしい)

最後にもう一回休憩して

帰りの写真

 

帰りは私がヘロヘロで全然撮ってませんでした(^^ゞ

 

参加の皆さん、お疲れ様でした~♪♪♪

 

 

 

 

 

9月SDA王滝


9/17開催のSDA王滝の締め切りが迫って来ました。
エントリーは8/10までになるのでエントリーされる方はお忘れなく。
宿は何時もお世話になっているくるみ沢旅館の大部屋取っています。
温泉、夕飯、朝食付き、走った後また温泉に入れます。
宿泊される際はご連絡下さい。
http://www.fu-kurumi.com/

6月末からの暴飲暴食で6kgも太って全く登れないので
そろそろダイエットに取り組もうと思います。

全日本選手権

富士見で行われた全日本選手権
僕は営業で応援に行けませんでしたが店長がサポートで会場へ。
チームメンバーから上がる実況に興奮しながらの営業でした。


皆さん全日本選手権お疲れ様でした!

いつもの土曜ロード練

脚に合わせてロード、CX、ハードテール、フルサス、スリックMTB
と一見バラバラですが皆で楽し苦走る事が出来ます。


そういえばNEWチームジャージ完成しました。
半袖のみですがSサイズ残り1枚有ります。

今週末はいよいよお祭りシマノバイカーズフェスティバルです!

 

2017 ヒルクライム イン 王滝村 レース編

迎えたヒルクライム当日

実走で30分位軽くアップして心拍を90%まで上げる。

そしてスタート
最初の平坦区間は先導車が着く区間
左折し登りが始まった所で先導車が離れリアルスタートで一気にペースが上がる。

yuroppiこと宮津選手がダンシングで漢らしく一人飛び出す。

10m位の距離を保ちながらそれを追う20人位?第一集団が出来、自分もそこに生き残れた。
自分は殆ど他の選手の事を知らず、唯一知っているSDA表彰台常連の山中選手
大きい背中が目の前に有り後ろで耐える。

10km位まで宮津選手が見え隠れする位置で集団最後方にいるも、耐えきれずに無念の脱落

後ろから王滝トップ選手の國井選手と数名上がってきて吸収される。

斜度がキツく風除け効果は殆ど無いにしろ、一人だとサボッてしまうのでそこからはその3.4人のパックで進む。

走る前はSDAと違いたった一時間ちょい、常にレッドゾーンに叩き込んでやるぜ!
と意気込んで来たのに、サイコンに目をやるとキツイのに心拍80%台と言うなんとも不甲斐ない追い込みっぷり。

思えば最近長い登りを避けて平坦ばかり。
サボり癖のツケが回ってきたのか?

とか余計な事考えてると、あっさり千切れてしまうので
サイコンは見ずに集中しローテしながら進む。

途中ロードの選手と話すとまだアウターじゃん!と言われ
そこで初めてフロント変速忘れていたことに気付いてインナーに落とす。
28Tの功罪かフロント53Tで登れてしまうが、効率を考えたらギア比再考の余地有り。

頂上が見えこれは12分行けるのでは!?と期待するもそこからが長い。

後1キロの看板が見えギアを上げて飛び出す。
も猛追してきた選手に刺されてFINISH
結果78分。と予想の真ん中の結果で終わりました。
avehr 158bpm (max%86%)
avepower 293w
一緒のパックで走ってくれた選手達と握手。

心拍追い込み切れなかったのは心残りですが
いつも弱い自分を突きつけてくれる雄大な御嶽山に感謝。
また来年リベンジするぞー、と御嶽山に誓うのであった。

という感じで終わった初ヒルクライムレースでしたが、
すでに来年に向けて考えている時点でハマッた感たっぷりです。


ロードの猛者を抑えてMTBで総合優勝の宮津選手。
物凄いフィジカルです。

team轍屋のYUKIさんもMTBで総合2位を獲得出来ました。

王滝シリーズは残す所9月SDA王滝
9月もしっかり盛り上げて行きたいと思います。

2017 ヒルクライム イン 王滝村 準備編

先週は富士ヒルクライムへサポートに行きましたが
今回は選手と同じ気持ちを味わうべく自身も参加してきました。

初のヒルクライムレース
なんの指標もないので研究熱心なクライマーの方々の話を聞くと
「富士の10%増しのタイムが王滝のタイムになる」
という事で目指すはシルバー、あわよくばゴールドの83~72分

機材はALLEZ SPRINTにホイールをR-sys タイヤをturbo cottonにし
ギア比は普段の53/39 11-25から、ゆとりを持たせて53/39 12-28のカセットに変更。
この仕様でペダル込み7.6kg
エンジンは普段の70kgから66kg体脂肪6%まで軽量化。

土曜に仕事を済ませて王滝村へ出発
道中、談合坂SAで〆のカーボローディング

うどん、蕎麦(大盛り)カレー(大盛り)を食べて今年もクイーンオブMTBを狙うYUKIさん
チキンカレーが炭火焼きでとても美味かったそう。

到着したのは深夜で狭いフィットに慣れない車中泊、あまり寝れずに朝を迎えるのであった。

続く。

2017 5月SDA王滝 レポート

さて今年も行って来ましたSDA王滝
参加者1600人と数多く集まる国内最大級の一大MTBレース。
 
毎回朝方は冷えますが、気温は30度まで上がりました。

レポートの前にバイクの仕様はこんなカンジでまとめて見ました。

前回と大きく変わりませんがチェーンリングを32Tにしてみました。
サドルバッグにチューブとボンベ、コラムにチェーンツールが入っています。

補給食はコチラ。
    
ショートボトルにワンセコンド6本
ロングボトルにクエン酸&BCAA
ジャージのポッケにコーラグミ2袋とに2runを4つ
トータル1400カロリー程。
どれも甘酸っぱくて美味いです。

目標は自分越える事、ステムに去年の自分のタイムを貼り付ける。(画像無しでスイマセン)

去年は心拍を見てペーシングするドラクエで言う所「じゅもんつかうな」
でしたが今回はさくせんを変更して「ガンガンいこうぜ」
その分やくそう(2run)はいっぱい持っていく事に。

第1CPまでで2時間ジャスト
登りをいつもより頑張ってるからか13分速く到着するも
既にMP切れでハムストリングがピクピク、やくそうと水分を摂取して復活!
純粋な水分はワンボトルなのでCP毎に保水。

第2CPまでには完全に攣ってしまい降車。
押しながら水分とやくそうを摂って落ち着いたらまた乗車。
とさくせん通り進んでいましたが、残りの2袋の2runが無い。

頼りにしていたやくそうを途中で落としてしまったようで
ここからは攣りかけている中でも、作ったリードを減らさないように使う筋肉やペダリングを変えながら気合で進む。

第2CP時点で去年より17分速く到着
CPで他の選手と話すと暑さのせいか皆攣っているとの事。
自分だけじゃない、と元気を貰い再スタート

第2~腰も爆破してきて第3間のガレ沢、第3~最後のピークまでの坂でも押しが入る。

気持ちを切り替えて押しでも速度差が少ない傾斜のキツい部分だけ押して、とにかく止まらない様に進む。
そんな中でも同じ位置の人と一緒に競りながら登ると、不思議と脚が回りだし再び心拍90%越えのレッドゾーンへ。

最後の気持ち良いDHもあまり漕ぎがいれられずに慣性ダウンヒル
最後の登りで抜いたはずのCJエリートライダーに刺されてフィニッシュゲートを潜り5:29

無事去年の自分を越えを達成。

 
総合は50位から21位へ

ゴール後、宿で体重を計ると4キロ減の65kg、軽い脱水だったのか一夜明けた今も全身バキバキ。
こんな感じで僕の5月王滝は終わりました。

今年も轍屋から表彰台を飾ってくれた

100km連覇のyukiさんと


10代3位のKEITA君

一緒に行った皆さんも、それぞれダイナミックなワンウェイレースならでわのドラマが有りました。
クタクタになるまでマウンテンバイクを楽しめるSDA王滝。

参加の皆様お疲れ様でした!

 

裏ヤビツ

GW一日目はロード練コースを少し変更


いつものファミマからの


半原パスして宮ヶ瀬からの


裏ヤビツを登りました。
目が三角な方の多い表とは裏腹に、川のせせらぎに癒されながら走れました。


表を登ってきたnaruさんは筋肉フェチには堪らない?相変わらず凶悪な脚。

久しぶりのロードバイクはびゅーんと進んで気持ちよかったです。

明日は初級里山八時半スタートです。

日記を表示(月毎)
カテゴリー