Archive for the ‘モノ’ Category

世界限定200台 SEQUOIA MERZ SE

名工MERZが手がけたSEQUOIA MERZが5/16から世界限定200台で限定販売されます。


誕生秘話
元祖ビスポークと最新テクノロジーの融合

これから説明することは、製品の説明には必要がないのかもしれない。だが、製品の1を語るに10語らなければ、その製品のよさは理解できない。それこそが私たちがSpecializedである所以であり、私たちはGeneralized(凡百の)ブランドではないのだ。いくつもの伏線が複雑に絡み合い、やがてひとつの糸を織りなし、方向性が束ねられていくと、想像以上の化学反応が起きることがある。Sequoia Merzはそんな製品のひとつだ。
すこし鳥の目で見てみよう。ここ十年弱の流れにスーツのオーダーになぞらえたビスポークというカスタムフレームや、軽量な用品による自転車ツーリングの再定義がある。それらはともすると行き過ぎた?大量生産とカーボンフレームへのカウンターカルチャーでもあるのだが、一方で、スペシャライズドは高価で入手困難なカスタム品を、いかにより多くのライダーへ届けるかということにこだわってきた。

1つ目の伏線はこうだ。少しでもスペシャライズドに興味がある人なら、世界初量産型マウンテンバイクStumpjumperを1981年に販売したことはご存知だろう。世の中で、あるいはマウンテンバイクの世界で「世界初」の枕詞はわりと頻繁に時として軽々しく使われるが、そこにわざわざ”量産型”を付ける製品やブランドはあまりない。しかし、この量産型というフレーズこそスペシャライズドの真骨頂であり、創業者マイク・シンヤードの哲学が込められていると言っても過言ではない。

そして、時を同じくしてAllez、Allez Track、そしてSequoiaという3種類のロードバイクがリリースされたことを知る人は少ないだろう。  いずれも、設計は当時から北カリフォルニアでハンドメイドフレームを製作、現在もNAHBS(北アメリカ・ハンドメイドバイク博覧会)に出展しているティム・ニーナンが設計を手がけ、生産は競輪用フレームで世界的に評価を得ていた今野義氏率いる日本の3連勝が担当したものであった。これらは最先端の設計によるバイクをより多くのライダーへ届けたいというマイク・シンヤードの思いから実現した製品であり、その哲学と製品名は現在も脈々と受け継がれている。

 

 Stumpjumperもティム・ニーナンが設計を手がけたが、その後、マイク・シンヤードはオレゴン州ポートランド(そう!ビスポーク、そして現代アウトドアの聖地)でひとりの機械工、フレームビルダーのジム・メルツと出会う。当時から自転車スポーツが盛んだったポートランド最初のハンドメイドビルダーと呼ばれ、’70年代にバイク製作に乗り出し、パナマ運河まで当時の妻と自転車の旅に出かけたこともある。(これも余談だが、2年ほど前に彼の息子は父親と同じルートでツーリングに出かけ、ニンバスタイヤのテストに参加している)

メルツはSequoia中興の祖であり、いち製品に限らず初期のエンジニアリング水準を大きく引き上げることに貢献した。初代Stumpjumperを見るなり、マイクに「私ならもっとよいものが出来る」と言ってのけ、ジオメトリーからチュービングまでスペシャライズドのバイクすべてを変え、もちろんSequoiaも大幅に改良した。オレゴンから北カリフォルニアへ移り、’82年からおよそ10年フルタイムで働いた後は、マスター・フレームデザイナー・ビルダーとしてスペシャライズドに籍を置き、現在はモーガンヒル本社からクルマで2時間ほどのビッグサーに住んでいる。

カーボンパイプとアルミラグの接着フレームAllez Epic Carbon、Epic Carbon、デュポンとのコラボから生まれた3本スポークコンポジットホイール、超軽量アルミフレームの先駆けM2メタルマトリックス、ダウンヒルバイクのDemo、さらにSequoiaの系譜を継ぐRoubaix、といった製品史上に残るエポックメイキングな製品、これらすべてはメルツの手によるものだ。その手柄について、後年「会社は私やその他のエンジニアやデザイナーが夢中になっているプロジェクトに時間と資金を投入してくれました」と述懐している。

 

これが2つ目の伏線。

以来、Sequoiaは製品史上から姿を消しては再登場を繰り返す。当初よりSequoiaはツーリングバイクとして設計されたが、Roubaixの登場によりその存在は少し影をひそめていたものの、 Roubaixが運動性能の追求に方向性を定めたことで復権、こんにちのバイクパッキングブーム、アドベンチャーライドにより再び陽の目をみることになる。このバイクパッキングブームやクロモリ回帰路線をスペシャライズドに導入した立役者が、エリック・ノーランというスウェーデン出身のデザイナーであり、もうひとつのツーリングバイクであるAWOLを企画した張本人である。現在のSequoiaはケビン・フランクスというプロダクト・マネージャーが立ち上げたもので、かつては『BIKE MAGAZINE』というマウンテンバイク雑誌に籍を置き、叙情的な写真のディレクションやブランドヒストリーに長じ、アウトドアやファッションにも詳しい人物である。そのフランクスと同じチームにいたノーランは、アウトドアブランドのPOLeRとのコラボによるAWOLの限定モデルを成功に導いた。その後、フランクスはレーシングチーム部門へ異動、ノーランは上級デザイナーとなる。つまり、現行Sequoiaはフランクスが製品企画の礎を築き、そのエッセンスをノーランが引き継いでいる。

これが3つ目の伏線。

10を語ってようやく製品にたどりつけるのがスペシャライズド流。しかし、ストーリーはあくまでストーリーであって、製品そのものではない。私たちの創業理念には「最新技術を生かしパフォーマンス向上をもたらす製品を求めるライダーに焦点を絞る」とあるが、Sequoiaもまた然り。単なる懐古趣味ではなく、あくまで今求められる用途で、また、機能を必要とするライダーのニーズを満たす製品がSequoiaだ。

フレーム本体の素材はオリジナルのクロモリで、チェーンステーにはステンレスを採用。フォークは専用のカーボン製を用いる。リアハブは142mm幅のスルーアクスル固定でディスクブレーキの恩恵を最大限に生かすことが可能だ。さらに、前後パニアラック、フェンダーマウントを標準で装備するほか、ケーブルはダウンチューブの下に外装され、メンテナンスを容易にしている。

また、各部に専用設計のパーツを採用。ハンドルバー、ホイール、タイヤはSequoia専用品だ。ハンドルはステム固定部とフラット部に15mmの落差があり、アップライトな姿勢をとりやすい。ソートゥースタイヤはノコギリのようなパターンで舗装から林道までオールラウンドに走ることが可能であり、標準のクルーゼロホイールを使ってチューブレス化も可能。ストーリーのみならず、スペックを聞いただけでも早く乗りたくなる。走りの本気度がひしひしと伝わってくる。なお、このMerzエディションは、設計者のメルツ、デザイナーのノーランのサインが入った世界で200台だけの限定品。ストーリーに酔うもよし、走りに徹するもよし。しかし、同じ仕様は2度とリリースされないことを肝に命じておきたいところだ。

誕生秘話をムフムフ見ているとCX持っているのに欲しくなってしまう一台です。

※完売終了致しました。

roller bearing clutch メンテナンス

SRAMのリアディレイラーに搭載されているローラーベアリングクラッチ

暫く使ってるとクラッチがかからずチェーンが暴れ外れ易くなります。

そこでローラーベアリングクラッチ部のメンテナンス

こちらがその心臓部

ローラーベアリングには見た目じゃほぼ分かりませんが当然ながら向きが有り
逆につけるときちんと動作しません。

ケージを下げてクラッチが掛からなくなったらメンテナンス時期です。
もしそうなっていたら早めのメンテナンスをお勧めします。

店頭セール車リスト

TREK クロスバイク&デュアルパーパス

Asset_317716
TREK
8.3DS 15.5cm
希望小売価格 79,000-
25%off 59,250-

TREKロードバイク

1.2
TREK
1.2 50cm
希望小売価格 129,000-
25%off 96,750-
1.2
TREK
1.2 54cm
希望小売価格 129,000-
25%off 96,750-
emonda4
TREK
EMONDA ALR4 52cm
希望小売価格 159,000-
25%off 119,250-

SPECIALIZED ロードバイク

allezsport
SPECIALIZED
allez sport 49cm
希望小売価格 108,300-
25%off 81,230-

KLEIN

IMG_2862
KLEIN
adept comp Mサイズ
希望小売価格 255,000-
40%off 153,000-

店頭セール車リストです。
こちらに掲載している自転車は即日~遅くても翌日納車可能です。
各1台限りで価格は全て税込になります。
リストの更新が間に合わない場合がありますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

1×11ユーザー必見 wolftooth GCX コグ

今回はこんなの欲しかった!的なアイテムのご紹介です。


おなじみSRAM xx1 10-42と超ワイドレンジカセット
クロモリの塊から削り出して一体物とする事でこんなに大きいのに僅か260gと超軽量カセット
11-42のM8000で445g
11-40のM9000で331g
と走りに影響大な回転体を大幅に軽量化できるこのカセット。

目ん玉飛び出す様な値段ですが、クロモリなので耐久性もめちゃめちゃいいんです。
ただ、軽量化の為一番大きいロー側42Tはアルミで出来ています。

硬いクロモリ部分は早々磨耗しませんが、42Tのアルミ部分は柔らかく早々にお亡くなりになります。
このカセットもチェーンを新品に換えたら42Tだけ歯飛びするようになったカセットです。

カセット交換で6万円、なんとかならん物か


と、探すと流石wolftooth、ありました。
GCX 42T COG


ロー側を外して

ついでに掃除して

圧入して復活
変速良好、副産物として逆回しで外れなくなりました。
以前は42Tに入れている時に逆回しした際、1箇所変速ポイント部分でチェーンがトップ側へ移動してしまっていましたが登りの再スタートがスムーズに。

お値段15000円で1点店頭在庫しております。

xx1 xo1に対応です。

TREK 選べるアルミロードキャンペーン


キャンペーン内容についてはこちらをご確認下さい。

今回対象となるDOMANE ALR4

SIZE 50cm 定価169,000- 販売価格160,550-

DOMANE ALR5 DISK

SIZE 54cm 定価229,000- 販売価格217,550-

 

ISOSPEED搭載していてアルミフレームとは思えない乗り心地のDOMANE ALR
肩肘張らずにツーリングを楽しみたい方にピッタリなフレーム

 

 

今回キャンペーン対象車では有りませんが、お買い得になっている2016年モデルEMONDA ALR4

アルミフレームながら6kg台が狙える軽量フレーム
SIZE 52cm 定価159,000- 販売価格119,250-

各種展示しております。

一昔前のアルミフレームとは比べ物にならない程、進化している最新アルミロード
アップグレードするにも惜しくないフレームで入門機、上級者のセカンドバイクにも最適です。

この機会に是非ご検討下さい。

SPECIALIZED マウンテンタイヤ 入荷

トップXCレーサー御用達SPECIALIZED新型マウンテンタイヤが各種入荷致しました。

中でもブロックパターンが一新された新型renegade

軽い転がりは維持しながらコーナーリングやブレーキング性能が上がっています。

2017年モデルからS-worksグレードは無くなりワングレードに統一されました。
サイドの厚みは以前のコントロールグレードと同等でカットパンクにも強そうです。

 
そしてどんなコンディションにも対応するFAST TRAK

太さのバリエーションが2.1 2.3と太くなりました。

各税込5,000-
初回少量入荷になっております。

軽い転がりとグリップを是非お試し下さい。

 

 

楕円 チェーンリング レンタル 始めました 

今流行の楕円チェーンリング

何がいいの?と言うのはメーカーサイトを参照下さい。

VID_20170314_122222

変速性能が落ちると言われる楕円の中ではすこぶる評判の良いRIDEA
変えた感じはシマノと同等の変速スピードでチェーン落ちも全く無し。

変えただけでFTPが10wも伸びた!ケイデンスが上がった!峠のタイムが縮んだ!
と調べれば、素晴らしい情報が沢山出て来ます。
ただ周りには消耗が激しい、膝が痛い、合わない等の意見もあります。

使ってみないと分からないけど値段もそこそこするし。。。

という事で楕円チェーンリング、レンタルご用意致しました!
レンタルは4アームシマノ用のみです。(MTB用の販売もあります)
50Tの +-2Tになります。

金額は1泊2日500円、ご購入いただいた際は1回分返金致します。
交換時の工賃は別途かかります。
ご予約状況等、詳しくはお電話にてご確認下さい。

 

k-edge garmin cateye マウント入荷

アメリカの高品質アルミ削り出しブランドk-edge社のgarmin cateye
サイクルコンピューターマウントが入荷致しました。

garminの方はデザインを簡素化して価格を抑えたsport 3,580-
cateyeは 4,800- となっております。
どちらもMADE IN USA製

 

愛車のドレスアップにいかがでしょうか?

 

パイオニア ペダリングモニター

自分自身のペダリングを可視化してくれるパイオニアのペダリングモニター

店長のMADONEにも新型9100と共に早速インストール。

ちょっとレアなホワイトバージョンです。
その他にお買い得なサイコン、プリインストール105左クランク、セットで99,800-(税抜き)の物もあります。

確実に強くなれるパワートレーニング、始めてみてはいかがでしょうか?

取り付けにはフレーム等相性がありますので、自転車お持ちの上ご相談下さい。

S-works turbo cotton 24c入荷

最上級クリンチャータイヤS-works turbo cotton 24cが入荷致しました。

サイドのアメ色部分、しなやかなコットンケーシングが使われています。
クリンチャーなのにチューブラー並みのしなやかさを実現したs-works turbo cotton

シクロワイアードさんに紹介されています。

定価9,720-
店頭販売価格9,000-

この機会に是非お試し下さい。

 

日記を表示(月毎)
カテゴリー
最新の商品