Archive for the ‘モノ’ Category

TREK stacheシングルスピードで王滝に挑戦した2019春

2019年5月王滝
TREKのstache5で走ってきました。
ノーマルstache5は120mmストロークサス、ドロッパーシートポスト、29erplusのアルミトレイルバイクですが
今回はフルリジット、シングルスピードで楽しんでみました。

 

機材紹介

目標タイム5:30をターゲットにCP毎の到着時刻を書いたテープをハンドルに張る。
ninerのboostリジットフォークはちなみに3.0幅のタイヤもOK
グリップは振動吸収性の良いESIのシリコングリップchunky

走りの要のホイールはDTswissのXR391リム+DTswiss350ハブ
スポークは太めの14番のプレーンスポークで剛性と頑丈さ重視の手組ホイール。


ハンドル、シートポスト、シートカラーは精度の高い信頼のTHOMSON
過酷な状況でも一切ズレたりトラブルが起こる事がありません。

 

 


今回はstacheの特徴であるストラングルホールドドロップアウトを生かして
チェーンテンショナーを使うことなくバシッとシングルスピード化。
チェーンはイノテック105でコーティング。

 

 

フリーはXD規格なのでプロブレムソルバーズのZINGER SINGLE SPEED CONVERSION KIT FOR XD
普通に取り付けるだけだとコグが僅かに真っすぐ回らずチェーンテンションにムラが出来るので多少コツが必要です。
肝心なギア比はF32 R21 1.52

 

 


前回の11月王滝ではフィジカルは良い状態だったのに最初の下りでボトルを2本落とし
脱水から脚攣りまくりでペースダウンを余儀なくされた経験を生かし
今回はボトルケージもしっかり吟味。

 

bontragarのbat cage
無骨で重量も軽くなく何も知らなければただの価格の安いボトルケージですが
実はランスアームストロングが石畳でも外れないボトルケージを!
と言う声から生まれた誕生秘話のある歴史の長い製品。

絶妙なホールド性と入れやすさからプロから何も変えないでくれ。
との声が上がっていたボトルケージですが今回素材が変更されました。
海に浮かぶプラスチックゴミをリサイクルし、環境の事まで考えて作られたbat cage。
王滝の振動の激しい下り、尚且つリジットフォークで挑み一度も落ちる事も無く
しっかり水分補給して脚が一切攣る事無く走り切れました。

 

 


走りの要のタイヤはレネゲード2.1
以前は完全ドライ決戦用的なパターンでしたが2019年で大きくリニューアルされ
ブロックが大きく高く密度も濃くなり耐パンク性とグリップがアップ。
ただサイドにプロテクションが無くカットパンクが心配なので
今回はチューブレスではなくあえてチューブを入れ、更にリム打ちパンク対策に空気圧は高めの1.9bar
(結果論ですがグリップは十分ですがリジットだとクッション性に乏しく2.3幅 チューブレス 1.4bar位が良かった)

 


(上の写真はステムとタイヤが今回使ったものとは異なります)

僅か2本のケーブル。
ピンと張った真っすぐなチェーンライン。
9.5kgと言う軽い重量。
変速機の無いシンプルな見た目はいつまでも眺めていられる、これぞ自己満の極み。

今回はSSらしく?心拍もパワーもすべて取っ払ってサイコンは時刻表示だけ。
平地や緩斜面はブン回してるつもりでもギアードに置いてかれます。
代わりにギア比の合う坂はシッティングやダンシングで踏み倒して抜き返す。
下りでリジットの一体感が楽しいのは最初だけで中盤からは掌が激痛と上腕二頭筋が攣りかけ
ご褒美ダウンヒルは地獄のダウンヒルに。
抑えが効かず何度爆破しかけたか?

そうこうギアード選手と抜きつ抜かれつ走り
第1、第2、第3CPを3位で通過し今回は行けるか!とラストダウンヒル。
序盤でパンク、空気の全くない車輪でリム終了覚悟でダウンヒル。
ダイレクトなリジットバイクから空気という翼も奪われゴム一枚のダイレクト感。
思い空しくSS選手に抜かれ表彰対象外の4位でフィニッシュ。
11月王滝と同じ展開じゃないか。

結果としては5時間21分
SSクラス4位、総合で20位付近。


ゴール後もう良く分からない状態になったラテックスチューブ。
ゴム一枚でガツガツ下ったホイールのダメージはというと
リムに修正が効く位の多少の凹みがあった位で一切フレが出る事無く
更にDTswissのリムに信頼感が増しました。

最後にSSリジットという至極シンプルなMTBで王滝に挑戦してみた感想。
本来登り7対下り3なイメージの王滝。
グラベルにサスペンションステムを付けて走った去年より下りが必死過ぎて
良いのか悪いのか登り3対下り7の錯覚に陥った事でしょうか。

TREKのstache
トレイル、SS、XC、カスタム次第で飽きずに色々楽しめる良い自転車です。

TACX DEMO CENTER

TACXデモセンターでスマートトレーナー最強と名高い最新のneo2smat T2850と
FLUX2 smart T2980がお試しいただけます。

フラグシップのneo2 smartとリーズナブルなflux2 smartどれだけ違うの?
実際にご自身のバイクを使いお試し出来ます。
ZWIFTやDESKTOP APPのアプリがご利用可能です。

neo2smartとflux2smartの違いを説明すると


neo2smart T2850


flux2smart T2980

凸凹路面の再現機能の有無
最大負荷2200wと2000w
趣味レーション可能最大勾配25%と16%
パワー精度1%と2.5%
負荷ユニットにブラシレスモーターを使用するneo2smart の方が静か
(neo2はほぼチェーンの音のみ でFLUXは若干振動有り)
キャリブレーション不要のneo2、fluxはスマホアプリでスピンダウン式でキャリブレーション必要
neo2は左右のペダリングパワーの正確な測定が可能(desktop app使用時)

以上が大きな違いとなります。
スペックは確かにneo2が良いですが難点もあります。
最近多いディスクロードはキャリパーが干渉する例が結構あるので実際に試される事を強くオススメします。
ご購入頂いた際はかなり重いのでご自宅まで無料で配送します。

外は熱いし室内でトレーニングやレースしたいな〜と言う時は1時間1000円、チーム員の方は無料でご利用可能です。

海外をサイクリングやグループライドでエクササイズするも良し
ヒルクライム、FTP計測、レースでオールアウトしても良し。

などなどお気軽にご利用下さい!

汗で落ちない!塗り直し不要の最強日焼け止め☆

 

Aggressive Design公式ページはこちら

 

汗で落ちない!塗り直しがいらない!最強の日焼け止め、入荷しました♪

販売元は、ケミカル類に定評があり、レース会場でもおなじみのワコーズさんです(^^)

とにかく焼けたくない!という方はもちろん、競技をやる上で、パフォーマンスを落としたくないという方へ超オススメしたいです!

私自身、夏も冬もせっせと乗っているので、サングラス焼けが一年中消えなくて…

さすがにヤバイぞ(*_*)けど、日焼け止め持ち歩いて、塗り直すのは面倒くさいなぁ…どうせすぐ落ちるし…

と思っていたので、これは!!と思いました\(^o^)/

同じお悩みの方に、ぜひ使ってほしいです♪

ちなみに↑の画像のものは、「日焼け止めとクレンジングのミニサイズセット」となっております。

これは最近発売されたもので、今まではレギュラーサイズしかなく、ちょっと試したいという方には手が出しにくかったので、調度いいパッケージかと思います!

強力な日焼け止めにありがちな、

☆白浮き

☆伸びが悪い

☆べたべた

などが無く、つけ心地が良いところが素晴らしい♪

お店にテスターも置いてありますので、ぜひお試しください(‘ω’)ノ

bontragar wevecelヘルメット

bontragarからヘルメットの歴史を変える製品が発表されました。

長らく衝撃吸収を発泡材に頼っていた中、wavecelと呼ばれる新たな衝撃吸収素材が開発され製品化されました。

公式サイトはコチラ

曲がって潰れて滑って衝撃を吸収して脳障害を大幅に防ぐ事が出来ます。

従来の発泡材では頭蓋骨は守れても脳までは守れません。

僕自身の体験でも頭から落ちヘルメットが割れる位の落車をした事があり
その時は脳震盪で気分が悪くなり暫く目の前が白くチカチカして暫く落ち着かなかった事があります。

幸い後遺症は何も無かったですがwavecelならそういった事も防げたでしょう。
そんな体験もありさっそく自分用にも購入しました。

公式には謳っていませんが構造や実験動画を見ると脊椎へのダメージの軽減も期待出来そうな作り。

重いとかバイクがTREKじゃないからな~、と言う意見も多く聞きますが僅か50gの重量の増加。

万が一の時頭を守ってくれるのがヘルメットの一番の性能だと思います。

単色で他のメーカーのバイクにも合わせやすいブラックが入荷しました。

BOAダイヤルで細かな調整が可能です。

締め付け部分の位置を上下に調整する事が出来ます。

地味だな~って方は純正のステッカーでこの様にカスタムしても良いと思います。

一度衝撃を受けたwavecelは潰れて衝撃を吸収するので二度目は本来の役目を果たしません。
bontragarのクラッシュリプレイスメントプログラムなら1年以内に衝撃を受けて潰れてしまっても
無償で交換する事が出来ます。(レシート等購入証明が必要)


ラインナップはエアロを追求したxxx wavecel 34,000- (5月入荷予定)


xxx wavecel LTD  34,000- (5月入荷予定)


specter wavecel  21,000-  (入荷済み)

となっております。

xxx wavecelはアジアンフィットですがspecterはアジアンフィットではありません。

普段お使いのワンサイズ上をお勧めします。

ただいま展示しており実際に手に取ってお試しする事が出来ます。

自転車は長く楽しめる生涯スポーツ。
安全なヘルメットを被って安全に楽しみましょう。

ロード練は6時スタートになりました。

先週からロード練は6時スタートの宮ケ瀬方面になりました。

中間地点で頑張って来たご褒美に最近教えて頂いたGSカフェへ。

500円でたまごウインナー丼、みそ汁、コーヒーorお茶付きです。

素朴な味が美味しく3杯はおかわりしたいです。
良質なたんぱく質と炭水化物、カフェインを頂き復活しました。

 

3/24のグルメツーリングは悪天候で残念ながら中止となりました。

代わりに翌日は天気も良く気温が低かったので海方面にロード練へ


海は広いな大きいな。

青空の下80km位楽しく走って脚パンパン、心地よい疲労感です。

3/31は初級里山ツーリング
この日はMONORALBIKESのチタンハードテイルMTBが試乗できるチャンス!

気になっている方はお見逃しなく!

【遂に!】 TREK EMTB 国内導入決定 powerfly

各社盛り上がりを見せる国内E-bike市場

 

TREKもvearv₊やdualsports₊が既にラインナップとしてありましたが遂にMTBも国内導入決定しました!

その名もpowerfly

本国では以前からラインナップされていましたがいよいよ。
こちらが2018年モデルのpowerfly

ダウンチューブにバッテリーを背負っていてE-MTB感は拭えませんが最新のモデルは

ドン!

フレームにバッテリーが内蔵されてとってもカッコイイじゃありませんか。

バッテリーのスペック的は500wh 航続距離160km

国内の規制でアシストは時速24kmまで、24kmに近づくにつれてアシストパワーを弱くしないといけない
決まりがありますがトレイルでそんなスピードで登りを駆け上がる事は無いので必要十分でしょう。
(海外では速度信号を半分にカットして48kmまでアシストさせるほにゃららなパーツがあるとかないと)

苦しくていや~な登り坂はラクラク、下りは普通のMTBとして楽しめるE-MTB。
登りは嫌いだけどトレイルは楽しみたい、そんな欲張りな願いを叶えてくれ
見た目も格好いいpowerflyは個人的にも今一番欲しい!

 

国内導入モデルはハードテールとフルサスの予定となっている模様。
続報が待たれます。

TREK 学割キャンペーン

新生活応援TREKの学割キャンペーンが始まりました。

 

期間中FXシリーズご成約の25歳以下の方にbontrager製アクセサリーが5000円引きでご購入出来ます。

 

 
夜間走行に必要なライトだったり(日中も付けると安全性UP)

  
ヘルメットやキックスタンド色々なアクセサリーにお使いいただけます。

期間は3/1~31までとなっておりますのでこの機会にスポーツバイク始めてみませんか?。

オーバーホール作業

日中は大分暖かくなって来て少しずつ自転車シーズンの到来を感じます。
冬場乗らなかった自転車をメンテナンスして良いコンディションで気持ち良く走りたい。
そんな時はオーバーホールをお勧めします。

roubaixのフルオーバーホールの一部始終をご紹介します。

2年乗られたヘッドベアリング、スムーズなハンドリングを担う部分


ベアリングの状態は交良好だったので洗浄、グリスアップ、フューチャーショック搭載車にはステアラーチューブカラーにリコールが有ったので対策品に交換をします。


クランクの回転を受け止めるボトムブラケット


汚れてはいましたが悪状況ではあまり乗らないとの事で回転はスムーズ
交換の必要が無かったので洗浄とグリスアップ
速めの洗浄とグリスアップが長持ちの秘訣です。


全ての箇所しっかり増し締めを行い進んで行きます。


DTSWISSのスターラチェットハブも分解グリスアップ
フリーの音が大きくなってきたらそろそろメンテナンスの時期だと思ってください。

 


スターラチェット心臓部
内部が悪い状態で走ると摩耗してペダリングしても滑って進まなくなります。


ハブのベアリングの状態もチェックして行きます。
DTSWISSはシールドベアリング。
ここまでやるのでこの機にセラミックベアリングに変えるのも快適に走る一つの手段であります。

 


リアディレイラーのテンションプーリーとガイドプーリ
こちらも内部の状態の確認とメンテナンスを行っていきます。


摩耗で限界一歩手前のブレーキパット。
もう少しでローターが駄目になってしまう所でした。
せっかくなので制動力の高いメタルパットに交換。
油圧ブレーキなのでブリーディング作業を行いブレーキタッチUP。

今回は回転部をメインでご紹介しました。
乗る距離や使用状況にもよりますが愛車のコンディションを保つ為にはおおよそ
セミオーバーホールは1年に1回
フルオーバーホールは2年に1回
をお勧めしております。
速めのメンテナンスが製品寿命を大きく伸ばします。

只今オーバーホール作業多数承っており納期1週間程となっております。
よろしくお願い致します。

paypay対応しました。

轍屋でも、ひっそりとスマホ決済アプリpaypay対応しております。

そして、本日2月12日am09:00より、100億円キャンペーン第2弾が開始されました。

扱うからにはしっかり内容を把握せねば。。と思いながら色々なサイトを眺めてみるも…正直なんだか分かりにくいですよね(笑)

ソフトバンクとヤフーの合弁会社が提供するサービスなので、Yahoo! JapanカードやYahoo!プレミアム会員が優遇されていることがポイントなので、

すでにYカードを持っていたり、Yプレミアム会員の方ならやってみる価値はあるかと思います。

もしくは、近々、Yahoo!ショッピングやヤフオク!でもペイペイによる支払いが選択できるようになるらしいので(2月導入予定が延期になった模様)それらをよくご利用される方には向いているサービスかもしれません。

そして今後も、こういったキャンペーンを発表していくとのことなので、前回乗り遅れた方も、準備だけしておくのも良いかと思います(笑)

 

現金を持ち歩いていても比較的安全な日本で、どれほどキャッシュレス化が根付くか分かりませんが、このCMはちょっと考えさせられるなーと思ったので貼っておきます。

現金派で機械や数字は信用ならん!な自分を見ているようで…(笑)

 

ひとまず、今回のキャンペーンは5,000円程度のお買い物でお得になるものなので、普段のお買い物にぜひご利用ください(^^)/

 

yuki

パワーで見る対策

自転車を初めてあっと言う間にE1に上り詰めトップ集団で生き残るまで成長したHJD選手
僅か2年でpwl5倍位まで伸ばした彼がトレーナーの資格を取り今回メニューを組んでくれて二ヶ月程、晩飯前に少しローラーを回しているのでご紹介します。

まずはこちらが自分のシクロクロスレース時のパワーデータ
水がスピード、青がパワー、赤が心拍、ピンクがケイデンスです。

1400w近くのスタートスプリントから後は短いマイクロインターバルの繰り返しが波形から読み取れます。

次は夏のロード練で半原のヒルクライム時

ヒルクライムで上げ下げするのは自滅する様な物なのでこの様に上げ下げせず、一定パワーと言うのが疲れずに速く登れるコツです。
ロングクライムが連続する王滝もクライミング中はこの様な波形になっています。

CXレース時のパワーゾーン分布

ヒルクライムの時に使うミドル域が少なくvo2max 無酸素&神経系が多くなってます。
一番多いレスト中もただ休んでるだけでは無くコーナーリングや下り、担いでいたりするので
ここを伸ばすのも重要というのは言わずもがな。

という事で行う事はSSTやL4等の一定ペース走では無くインターバルと言うのは素人ながら分かります。

色々問診を受け出されたメニューはvo2max域を叩く30秒オン30秒オフ×20本のマイクロインターバル。
オンの時はよく使う領域の400w超、オフは完全に休まずなるべく回すように、と。

2か月前初めてやってみた時がこちら


avg270w NP290w
30分位で終わりますがインターバル耐性が無くてしんどかったのを覚えています。

週に何度か行いましたが1カ月位たっても、キツイし変化も感じないし辞めようかな~
と思いつつも一応続け2カ月位経って以前より楽に感じ始めて今に至ります↓

avg303w NP323w
一割位伸びてました。

人の細胞が入れ替わるのに時間がかかると言われていますが
その負荷に慣れるように継続する事が大事なんだな~と実感。

他にクライマー系の選手も数名見ていて軒並み狙った域が1割近く伸びているとか。
HJに感謝。

王滝のあった九月以降下がり続けたパワーとCTL(体力)も少し戻ってきました。


パワーメーターがあるとTSSと言う数字からこの様なCTL(体力)グラフが分かります。
選手レベルで必要なCTLは100。

ちなみにトレーナーは驚異のCTL150以上。
パワーメーターが無い方にCTL150と言うのを分かりやすく説明すると
1時間半の全開タイムトライアル、又はミドル走で3時間毎日休みなく走りこむ量。
走行距離で年間28000kmだったとか。
(正確にCTLを運用するにはログ抜けが無いようにする必要あり)

ちょっと↑は次元が違いますがこの様にパワーが分かると上がり下がりが一目瞭然。
鍛えたい所を狙い撃ちして効率良く体力アップが可能です。

 


第3世代になって抜群の安定性になったstages power

 


一つあれば自転車を複数台持っていて自転車間の移動が簡単なgarmin vector3

パワーメーターは精密機械。powertap pioneer stages garminと各メーカー何かと不具合を見てきました。
不具合を見た事が無いのはSRM QUARQ位でしょうか(出回っている数が少ないと言うのもありますが)
高価な物なのでしっかり保障のある正規販売店での購入をお勧めしています。