Archive for the ‘モノ’ Category

完成車のホイール

完成車メーカーにつるしで付いてくるホイールはフレ、テンション、センターが狂っている物があります。

今回はあまり無い極端な例があったのでご紹介します。
某メーカーの最初から付いてきた2kg位のエントリーホイール。

テンションも緩々で回すとブレーキキャリパーにスポークが干渉するほどの緩さ。

こういった場合、フレ取ってセンターを出してテンション上げれば
何てことないのですが肝心のニップルが回りません。
回すとスポークも供回りしてちょっと回して調整なんて事も出来ません。

スポークをプライヤーで抑えながら緩めてみると

パリパリの接着剤の様な物が…

緩みを防ぐ為に付けたのか定かではありませんが、そのテンションがこうも緩々では元も子もありません。

新品ホイールですが信頼のDTswissのプレーンスポークとブラスニップルで組み直しさせて頂きました。

 

SMITH バロックギア

非円形ギア スミス バロックギア
本日より取り扱い開始しました。

登りを楽に走れると噂のバロックギア
解説漫画はコチラ

本格的な自転車シーズン到来に向けて愛車のパワーアップいかがでしょうか?

税込定価 18.144-
轍屋価格 17.236-

軽量チューブレス手組ホイール

最近良くオーダーを頂きます手組ホイール。
今回組ませて頂いた車輪はMAVIC OPENPRO UST +tni evolution light+DT revolution
7万円行かない値段でワイドリムでチューブレス対応1400gのホイールが出来上がります。
巷では剛性うんぬん言われるrevolutionですが用法用量を守れば軽く、とても良いスポークであります。

 

合わせるタイヤはMAVIC yksion pro ust 25C
ワイドリムと合わせた場合の実測タイヤ幅は28mm
パターンは逆が正解なタイヤです。
リムの最大空気圧は6bar。

乗車して確認した所しなやかで乗り心地極上。
コロコロ転がる良い車輪の完成です。

S-works turbo tubuless

世界最速のタイヤs-works turbo tubuless

何を根拠にというとこちらの第三者機関によるテスト結果がこちら

ほとんどスペシャライズドのタイヤが上位独占。
バイクはスペシャじゃないけど…タイヤはスペシャな方が多いのもうなずけます。

ラテックスチューブ×turbo cottonも良い結果ですがカーボンクリンチャーには熱問題で実質使えません。

最近のカーボンクリンチャーはチューブレスに対応している物も多く組み合わせ的には
カーボンクリンチャー×チューブレスが良んではないか?と言う所であります。

ただ中々良いお値段はするし組付けにはちょっとしたコツもいるのもたしか。

今週末全日本選手権参加枠がかかった実業団レース参加する選手のバイクにインストールしました。

感想が楽しみであります。

税込み定価11,880-
轍屋価格11,000-

 

限定車 TREK stache 試乗出来ます。

TREKの限定受注モデル Stache 入荷致しました!

一際目を引く29プラスタイヤ。
27.5はプラスは最近増えましたが29プラスはまだ少なく、タイヤの直径に圧倒されます。

 

ストラングルホールドドロップアウトと言う、15mmの調整長を持つドロップエンド

これにより29プラス、27.5プラス、29er、シングルスピード様々な楽しみ方が出来るフレームです。
TREKの最上級アルミalpha Platinum、ドロッパーシートポスト、120mmストロークサスペンション。

そして特徴的なエレベーテッドチェーンステーにより短いチェーンステー長が実現され
モッサリしそうな見た目ながら、フロントアップやマニュアルもやりやすくスパスパ曲がってくれます。

 

重そ~な見た目とは裏腹にテクニックさえあればこんな事も出来ちゃうバイクです。

 

難しい話はおいといて、とにかく楽しいので乗ってみてください。

笑顔になる事間違いなしのstacheです。

new s-works tarmac 特別パッケージ

2018年フルモデルチェンジを果たしたS-works tarmac

世界選手権でサガンの勝利を飾り、これ以上性能に関しては語る事もありませんね。

そんなオールラウンド戦闘機の特別パッケージのご案内です。

S-works tarmac と MAVIC cosmic carbon40Tのセットになります。

通常S-works tarmac フレームセット 486,000-
MAVIC cosmic carbon40T 351,000-
トータル 837,000-(税込)のセットです。

 

1台限りの特別パッケージとなります。
547,000-(税込)でご案内させて頂きます。

更にR9100 dura-ace、R8000 ultegra を好みの構成で購入頂きましたら組み立て工賃サービスとさせて頂きます。

お持ちのパーツを持ち込み載せ替え等も可能ですのでお気軽にご相談下さい。

サイズは54cmとなっております。

チェーンの交換時期

チェーンの交換時期は脚力や踏み方により大幅に変動します。
持たない人は1500km~持つ人は5000km以上。

そこでチェーンチェッカー。
この工具を使えば簡単に確認できます。

このようにチェッカーが入ると交換時期になります。
ケチって伸びたチェーンで走っているとカセットやチェーンリングも摩耗し
結局は高く付いてしまいますので、こまめな確認をお勧めしています。

お持ち込み頂きましたら無料でチェックしておりますのでお気軽にお持ち込みください。

究極まで伸びたチェーンに新品のクランクセット。
ピッチが合わず浮いています。
この状態で踏むと滑って大変危険です。
同じく新品のチェーン+摩耗したカセット、チェーンリングも滑りが発生して危険なのでご注意ください。

こまめなチェーンメンテナンス、チェーン交換が機材を長もちさせ、維持費の節約に繋がります。

手組派ご用達リムopenproがリニューアル

長年手組みホイール派ご用達のMAVICのリム、OPENPROが遂にモデルチェンジしました。

ちょこっとだけ変えました~的なモデルチェンジではなく
ISM4D、ワイドリム、チューブレス対応、と今時のリムに一新されました。

自転車競技部の子からオーダーを頂き組ませて頂きました。

かなり乗り込まれたEASTONのEA90SLXをハブだけ生かし組み上げていきます。


普通の首折れスポークは計算機に数値を入れるだけで簡単にスポーク長が分かりますが
ストレートプルのスポーク長計算は想像力が必要になります。

そして組みあがった新型OPENPRO+EASTONハブの手組ホイール
オーダー通りスポークテンションは高めでバルブ脇のニップルだけパープルに。
見た目も今時のホイールになりました。

EA90のリムも軽量ですがOPENPROは更に軽量、立ち上がり加速の良さを予感させます。
今年のロードレースで大暴れしてくれる事を期待します。

電動マウンテンバイク benelli tagete カスタム後編

電動マウンテンバイク benelli tageteのカスタム後編です。

 
まずはバッシュガードを取り外し流行りのナローワイドチェーンリングと
SLXで11速化+スタビライザー付きのリアディレイラーでチェーンの脱落防止。


ブレーキはテクトロからSLXへ交換しタッチと制動力のUP↑↑


そしてゴールドに輝くFOXのトランスファードロッパーシートポストをインストールさせて頂きました。


そして完成したtagete改
オーナー様のご厚意により、試乗の許可を頂いておりますのでご興味ある方はご来店下さい。

カスタムの相談も承っております。

e-bike benelli tagete カスタム

イタリアンブランドのbenelli

ひっそりと取り扱い開始しました。

海外で盛り上がるe-bikeが日本に適合させて入ってきましたe-bikeのtagete27.5

(動画ではRSTフォーク、ALTUS8Sですが、実際はsuntour XCR、DEORE10Sです)

パワフルなアシストで「登り坂を楽に走りたい」なんて事はお手の物。
夫婦でサイクリングしたい!けど脚力に差があるし…
なんて心配も無くなり新たなサイクリングの楽しみを開拓するe-bike

ちゃんとマウンテンバイクとして楽しめるスペックで驚きの価格は198,000-(税抜き)
早速カスタムを開始させて頂きました。

ドロッパーシートポストのケーブルルーティンの確認で心臓部の取り外し。

外したついでに心臓部の実測

フロントシングルで脱落防止のためにチェーンウォッチャーとチェーンガードで挟む構造。

PCDが104なので一般的なナローワイドチェーンリング導入しスッキリさせる予定です。

 

続く

日記を表示(月毎)
カテゴリー
最新の商品