CJ-1 石川県一里野大会 レースレポート hashi

開催日:2018年6月3日(日)
出走カテゴリ:男子エリート
天候:晴/ドライ
リザルト:22位(-1lap)
ピットサポート・メカニックサポート:轍屋・usm
身体メンテナンス:acu-power・山口整骨院
BIKE:specialized S-WORKS EPIC
WHEEL:ROVAL
TIRE: F;Fast Trak 2Bliss Ready(1.6BAR) R;Renegade 2Bliss Ready(1.6BAR)
HELMET:ZENARD
GLOVES:PRG-5
EYEWEAR:BINATO-X
 


レース前日は、合田さんと辻君との遠征メンバーで10時頃会場に到着。
昨年同様にXCTTに参戦のため、ちゃちゃっと準備して軽くアップしてから6分弱のレースで血の味を感じる。
相変わらずの、苦手な感じで8/11位という何ともいない順位で終了。
Photo by 合田さん
 
その後は、合田さんと辻君と通しで2周回程…相変わらずの登坂のコースだけど走り方次第でいい感じで走れそう。
その後は、新設の区間をぐるぐると4周ほどして、後半のシングルの区間を10周も走っちゃいました。
リズムが良くて楽しく走れるから走りすぎちゃうんですよね…。
ぎりぎりまで試走して、宿に帰って温泉に入っておいしい料理食べて、だらだらしてたら9時には就寝。
移動の疲れでぐっすり朝まで。
 
レース当日は、9時ごろ会場に入って嫁のスタートを見送ってからお昼ご飯食べて、いつも通り1時間半前にアップ開始、1時間アップして準備して招集へ。
今回は登坂が厳しそうなのでフロント34tでリアは9-44tで行くことにしました。
スタートは4列目あたりで目の前の選手がペダル踏み外し少し遅れるも、最初の登坂はいい感じで踏めて、20位前後でシングルへ、後半のシングルで前の選手の落車で流ズムがくるって脚をついた拍子にサドルが上向いてしまった。
とにかく1周目は我慢して、2周目、なおすか迷ったけど流れは良さそうなので何とかこのままレースを走ることに。
先週のレースでだいぶ追い込めたおかげか脚は結構回っておお感じで周回をこなせて行ける。
きついはきついが、昨日ちゃんとレースペースで試走したので、コースの特徴みたいなのがいい感じではまる。
かけるところ、休むところをメリハリ付けて、下りでは心拍を下げて登坂に備えるテキな。
5周目・6周目ときつくはなるが、付近には箭内君・西山君・マツケンそして前方には合田さん・聖さん・ショウヤそこまでいけば完走ラインかw
6周目はむっちゃきついけど最終週のつもりで前を向き走るも30秒足りず-1lap で足切り…。
悔しいですね。
一緒に遠征した合田さん・辻君、そしてフィードしていただいた部長ありがとうございました。
また、コースサイドからの応援とても力になりました。
運営・設営の関係者の皆様素晴らしい大会ありがとうございます。
次戦は少し相手、7月の田沢湖に参戦予定です、そこまでにもう一段階ギアを上げそして、体重も落としてコンディションをしっかり整えていきたいです。

Photo by 伊東さん

関連記事

  1. XTR

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP