roller bearing clutch メンテナンス

SRAMのリアディレイラーに搭載されているローラーベアリングクラッチ

暫く使ってるとクラッチがかからずチェーンが暴れ外れ易くなります。

そこでローラーベアリングクラッチ部のメンテナンス

こちらがその心臓部

ローラーベアリングには見た目じゃほぼ分かりませんが当然ながら向きが有り
逆につけるときちんと動作しません。

ケージを下げてクラッチが掛からなくなったらメンテナンス時期です。
もしそうなっていたら早めのメンテナンスをお勧めします。

日記を表示(月毎)
カテゴリー
最新の商品