フロアポンプの構造

オーバーホールでお預かりしているポンプ

img_20160916_121801

この様な構造になっています。

img_20160916_130221 img_20160916_121808

押し込んだときは皮製の吸気弁が密着して空気を押し出し
引上げたときには吸気弁が開いて空気を吸う単純な構造。

入らなくなった時は吸気弁が劣化しているか口金の方のパッキンも痛んでる場合が殆どです。

普段何も考えずに使っているフロアポンプですがこの様に中で作動しています。

日記を表示(月毎)
カテゴリー