スペシャライズド 2015 (#2.1)

SPECIALIZED 2015 - Dealer's Launch
スペシャライズド展示会に行ってきましたシリーズの続編パート2.1。
今回は各モデルについて、少し掘り下げて2015年モデルのMTBをご紹介。

 


 

Epic Marathon

SPECIALIZED 2015 - Epic MarathonXCモデルのEpicとStumpJumper HTには大きなモデルチェンジはなし。S-WorksにXTRモデルがなくなったのは残念ですが。
その代わり2015年モデルではラインナップの見直しが行われました。
そしてこのEpic Marathonは前年度のモデルから仕様が大きく変わって、魅力がかなりUPしました。

SPECIALIZED 2015 - Epic Marathon - fact 11mフレームがS-Works相当と同じFACT 11mになり、リア三角もすべてカーボン製フレームに。
S-Works Epic完成車のパーツだけをレース対応でかつ信頼性の高いものにグレードダウンして価格を抑えたというところでしょうか。
フロントのチェーンリングも少しサイズダウンされたので、一般的な人でも登りでギアが足りるようになったはずです。

SPECIALIZED 2015 - Epic Marathon - Command Post XCP注目はXCレース向けの可変シートポストが採用されたこと。
今年のワールドカップでもワークスライダーが使用して話題になっています。
シートポスト径が27.2mmでは搭載が難しいとされた可変シートポストですが、ストローク量を35mmに抑えることで、シートポストの軽量化と剛性確保の両方を達成しています。
もちろんハンドル上にリモートレバーを装備。

SPECIALIZED 2015 - Epic Marathon - SWATまたSWATシリーズをフル装備。
Epic Marathonはその名の通り長距離なXCレースなどをターゲットにしたスペック。


 


 

StumpJumper FSRとCamber

SPECIALIZED 2015 - StumpJumper FSR前年度までのラインナップでは互いのキャラクターが被っていたこの2車種。価格帯でしか判別がつきませんでした。
2015年モデルではホイールサイズが「650b=Stumpjumper FSR / 29er=Camber」という設定になりました。

SPECIALIZED 2015 - Camberホイールによる走行性能の違いや可変シートポストの有無の違いにより、SJ FSRはアグレッシブなライディング向け、Camber(キャンバー)はまったりとしたトレイルライド向けという位置づけなのでしょう。

写真下のCamberはラインナップが拡充され、幅広い人にフルサスバイクの魅力を提供しています。

 


 

クレイブ(Crave)

SPECIALIZED 2015 - Craveアルミのハードテイルでありながら、StumpJumper HTより扱いやすく、下位のRockHopperよりレース志向という位置づけなのがCrave。

SPECIALIZED 2015 - Craveシートステイのようにブリッジを取り去ったことで、カーボンフレームのような乗り心地を実現。
かいってペダリング剛性は犠牲にしておらず、BB付近の成型と溶接に工夫をすることで加速性も妥協なし。
XCレースから里山ライドまでをこなせる、幅広いユーザーに受け入れやすい29erハードテイルMTBです。
耐久性を重視して、大半にシマノ製のコンポが採用されているところもコストパフォーマンスが良いところでしょう。

 


 

クラックス(CruX)

SPECIALIZED 2015 - CruX Expert CarbonMTBじゃないけど、シクロクロスのCruxもご紹介。
冬シーズに行われることが定番化したシクロクロスレース。
2015年度モデルはすべてディスクブレーキ仕様になりました。
そしてカーボンフレームモデルではDi2にも対応。
S-Worksグレードには、Dura-Ace Di2採用とSRAM RED採用の2モデルを展開。どちらも油圧式ブレーキを採用。

またエントリーモデルのアルミフレーム完成車も用意され、これからシクロクロスを始めようというユーザーもターゲットに。もちろんディスクブレーキ仕様。

 


 

ファットボーイ(Fatboy)

SPECIALIZED 2015 - FatboyエンデューロMTB・可変シートポスト・650bなどのトレンドに次々と取り組んでいるスペシャライズドは、ファットバイク市場でも積極的。
昨シーズンの好評を経て、今年のFatboyシリーズはバリエーションを拡大。
上位のグレード車種は、重量をフルサス29er程度にまで抑えられていたりします。

SPECIALIZED 2015 - FatboyMTBの大径化で培ったノウハウをファットバイクのジオメトリ設計にも投下。
見かけによらず登りはよく進むし、シングルでの切り替えしも慣れればスムーズにこなせます。
そして極太のタイヤが生み出す圧倒的なグリップ力により、従来のMTBでは体験できなかったスピード領域を味わうことが可能になります。
夏の砂浜や冬の積雪のような局地環境だけでなく、本格的なクロスカントリー用としても十分楽しめるファットバイクです。
バイクの作りも本気なら、乗り手も本気にさせてくれる1台です。


 

SPECIALIZED 2015 - Test Ride with Shingo-san@Sy-nakところで今回の展示会もスペシャライズドのスタッフお手製の試乗コースが使用されました。
バリエーション豊かなMTBやシクロクロス車を試乗するのにちょうどいいコース設計だったと思います。コース幅が広いので「素材撮り」にもばっちりでした。

またMTBとロードの試乗コースも案内していただいたSy-nak Cabinの中込さん夫妻にも感謝です。おかげで色々なバイクの試乗ができました。

 

各バイクの更なる詳細については、店頭のカタログもご覧ください。
今スペシャライズドの2015年モデルの完成車をご予約頂いた方にはお得な特典があります。

※紹介したバイクはすべて展示会用の仕様であり、製品とは異なる場合があります。

 

 

 

モノカテゴリーの最近の記事

近況報告カテゴリーの最近の記事

日記を表示(月毎)
カテゴリー