そろそろ王滝のことを考えてみる(2)

IMPAKT Bike Frame Protector 2 stripsSDA王滝本番まで10日を切りました。
今週末は王滝前の最後の週末ということなりますが、参加の皆さんは準備は万全ですか~?

さて、その王滝に関連したアイテム紹介の第2弾です。

インパクト Bike Frame Protector

これは自転車のダウンチューブの底面に貼る、厚さ1.2mmの透明フィルムです。
高速走行時の飛び石などでできる傷を防いでくれます。

幅50mm×長さ500mmのフィルムが2枚同梱されています。適当な長さ・幅に切ってからフレームに貼ります。
ダウンチューブ全長に渡って貼るには1枚では長さが足りないかもしれませんが、2枚目を並べて貼るか、泥除けを取り付ける場合はそこを避ければ長さは足りるでしょう。
BB裏まで届くように貼るといいと思います。

購入はコチラから。
(もし500mmの長さで足りなければ、店頭にて100mm単位で量り売りいたします)

 

王滝に限らず、普段にダウンチューブ用の泥除けを使って飛び石対策をしていると、担ぎの際に泥除けが邪魔になってダウンチューブを持ちにくいこともあると思います。
このシートならダウンチューブを持つときに邪魔になることもないので、山サイのシーンでも利用価値はありそうですね。


で、もしフィルムが余ったら、トップチューブのプロテクターとして流用するのもいいかも。
(転倒時などにハンドルが切れ込んで、シフターなどのハンドル上のパーツがトップチューブ側面を傷つけてしまうのを防ぐアレです)

20130905161209_IMG_0258 のコピー
シートを貼る前にまずフレームの汚れを十分落とします。

日ごろの練習でかいた汗や、ドリンクや補給食やヨダレがこびりついていることでしょう。
この機会にそれらをキレイにしてあげましょう。

20130905161330_IMG_0259 のコピー
そしてこのように貼る位置とサイズを決めて、フィルムの赤い保護シートをはがしてフレームに貼ります。
シート内に空気が混ざらないよう、しっかり密着させましょう。

 

ところで長いこと欠品しているシリコン製のアレなのですが、アレほどのトップチューブ保護対策にはならないかもしれませんが、塗装傷くらいのダメージは防げるので、やっておいて損はないと思います。(透明だからあまり目立たないし)
2枚重ね貼りというのもアリ?


さてさて、今年王滝に挑戦する方は、ぜひ過去の王滝関連の日記も参考にしていただけれたらと思います。

SDA王滝関連のバックナンバー

王滝2012(1) (2) (3)

王滝2011(1) (2) (3)

王滝準備2011

泥レースでのブレーキに関する一考察

王滝2010(1) (2) (3)

王滝行ってきます2010

王滝2009

朝食のタイミング

メンテナンスはお早めに

補給食2008

王滝2008

2×9(ツー・バイ・ナイン)

スネークバイト

2007王滝9月

VESPA

サプリメントとタイミング


日記を表示(月毎)
カテゴリー
最新の商品