自走天城


さて、毎年秋に実施している伊豆ツーリング。
昨年に続き、今年も11月23日に自走で行ってきました(もちろん皆さんはクルマにて現地集合です)。

昨年は【雨のち晴れ】の天気予報の元、「途中で晴れるだろ?」ぐらいの感覚で走り出したところ、結局修善寺まで雨。しかも平塚-小田原あたりは豪雨??
レインウエアを着ていたためムレムレで、雨なのか汗なのかわからないぐらい全身グッショリになってしまいましたが……。

今年は天気が良いぜ〜っ!


全4人の強者が、午前2時に轍屋集合です。
もちろんみんなブロックタイヤ仕様のMTB。
みんな寝不足だけど、気合いを入れて出発だ!

ルートはこんなカンジ。

 

伊豆半島の中央部へ向かうためには、どこかで山を越えなくてはならない。
距離&登坂標高を考えると、自転車にとっては山伏峠がベストなルートチョイスか?

弱いながらも北東の追い風を受けながら、機関車・エース大江が前を引きまくる。
246は40km/h巡航。
小田厚側道は真っ暗なので35km/h巡航。
国道1号以降は無風ながら30km/h超で巡航。
そして午前4時に小田原着。早いっ!!

朝食をガッツリ食べて、伊豆半島に向けて再出発。
真鶴→湯河原→熱海のアップダウンをこなして5時半に伊豆多賀着。

 
ファミマにて2回目のピットイン。
これからの山伏峠に備えて補給食を調達。
ウダウダしていると空が明るくなってくる。幻想的な夜明けだ。


6時半に道中のボスキャラ? 山伏峠を制服。
山伏峠への道は斜度がややキツイが、眼下に相模湾を見ながら走れるので気持ちがいい。

峠からはビュ〜っと下って7時に修善寺通過。
そして8時に湯ヶ島に到着! ちょうど6時間。

ブロックタイヤで長距離の舗装を走ると、脚にジワっと疲労が来ますね。
転がり抵抗が大きいため、常に踏み続けなくてはならないんですよ。
ロードバイク(というかスリックタイヤ)だと、惰性で「しゃーっ」と休む区間がありますが、それがないから負荷が掛かりっぱなしです。


ちなみに自走班の帰りはステップワゴン号にて。
沼津港の丸天に寄って、名物の海鮮かき揚げ丼。
手前はオイラの並盛り(それでも多い!)。奥はエース大江の大盛り(超大盛り!)。
消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いのでは? という毎度の問題はさておき、完食!

ということで、なかなか良いトレーニングになりました。
 

近況報告カテゴリーの最近の記事

日記を表示(月毎)
カテゴリー