小野寺健、スペシャへ

ここ数年、トレック・ゲーリーフィッシャーの日本での顔を務めてきた小野寺健がスペシャライズドに移籍するということです。

ビッグニュースと言えばビッグかもしれないけれど、そうでもないと言えばそうでもないような。

Jシリーズで表彰台にコンスタントに上がっていたら大きなトピックとして取り上げられるのかもしれませんが、昨シーズンの彼は、開幕Jだった八幡浜を除くと、鳴かず飛ばずの一年でしたから。

そもそも、スペシャライズドがチーム員を探しているようだと小耳に挟んだのは年明け早々のこと。TKこと竹谷賢二の現役引退を受けて、若手の合田啓祐をチームに引き入れたものの、表彰台に絡むまでは伸びず。そして全日本選手権U23では竹之内悠に完敗。

じゃぁ、手っ取り早く今すでに速い選手を取り込むのか、と想像していたのですが、mashunこと松本駿が「今年のトレックチーム、僕1人なんですよ〜」なんて言っていたので、そういうコトか? と思っていたら、そういうコトでした。

で、ここで思うのは、移籍してイロイロなコトが吹っ切れて飛躍の1年になるのか、再び迷走が続くのか、というコトについてですな。

新チームなら、TKという強力なアドバイザーに意見を求めることも可能で、外郭団体的な存在でもあるsy-nakの中込さんを頼ることだってアリだと思います。
それに社内にはエディさんという人望厚いメカニックだっていますし、そういった意味では飛躍できる環境を作れるはず。あとは自分次第でしょうか。

一方でチームとして考えると、ケースケと2人体制で臨むワケですから、どちらかが常に表彰台に乗るのはもちろんのこと、一度や二度はその中央に立って欲しいと望んでしまいます。
二人して昨年同様のリザルトだったら、それこそ「二軍ワークスチーム」なんて言われたっておかしくありません。こういうキビシイ意見も、愛と期待ゆえということで。

で、健ちゃんはレースで何に乗るんでしょうね? 26erエピック? それとも29erスタンピー?
個人的には後者をチョイスして欲しいところ。
プロモーションとしても、「ケースケの26エピックと、健ちゃんの29スタンピー」でちょうどイイじゃんと思ってみたり。

レース&トレーニングカテゴリーの最近の記事