2011マドン3.1インプレッション



写真を撮りそこねていたので公式画像です...


4シリーズの更に下に追加されたマドン3シリーズ。


ということで、同じように火曜周回ルート・・・でも、完全に乗る順番を失敗しました・・・この前に乗ったマドン5シリーズに比べると明らかに重い。そりゃ価格差が18万ありますからね・・・。

まず、その重さをフットサルコートまで体感。でも、フラット区間~下りに関しては、ちゃんとマドンの乗り心地、40kmぐらいまでは不安はありません。むしろ安定志向がより強くなり気を使わずに走れます。ロングライドならこの性格のほうがいいかも。ただ、タイヤはちょっと替えたくなりますが、まぁこのへんは割り切った仕様です。

そして下りきって上り。やっぱり重い・・・でも、ちゃんと進む。重いのはホイール、タイヤだけというのが確認出来る。

そのまんまだとビンビンのロードレーサーというよりも遠くに行きたいツーリング車のような感じ。手組のような32本のスポークで組まれたホイールがその印象を際立てています。でも、ちょっと軽いホイールを入れれば、その印象はガラっと変わること請け合いです。

ハンドルも持ちやすいアナトミックシャローだし、ロードバイク入門用としては非常に魅力的なバイクです。

完成車価格:220,000円

モノカテゴリーの最近の記事